ニュース

ソニー、無料のCamera Apps「BETAアプリ」を提供

観光地で使える「撮ってもらえますか」など

 ソニーは、PlayMemories Camera Appsで「BETAアプリ」4種類の配信を1月30日に開始した。対応機種は「NEX-6」、「NEX-5T」、「NEX-5R」。いずれも無料。

 BETAアプリは、アンケート機能を設けることでユーザーの声を今後のアプリ開発に繋げるのが狙い。

 同社は、BETAアプリのソフトウェア品質を保証しない。使用によりカメラの動作が不安定になった場合は、バッテリーを一旦抜き、差し直してから使用する。

キャッチライト

 瞳に光の映り込み(キャッチライト)を入れられるアプリ。

 撮影画像の顔を自動認識し、瞳に好みのキャッチライトを加えることができる。キャッチライトは丸形の他、ハート型や円形に並んだ照明の形などから選べる。

キャッチライトの種類
撮影例

撮ってもらえますか

 観光地などで他の人に自分を撮ってもらう場合に、自分をどこにどんな大きさで配置してほしいかを液晶モニター上に図示して撮影を依頼できるアプリ。

 目つぶりなどによる失敗を防ぐための連写機能も備える。タッチパネル搭載機ではフリーハンドで図示することもできる。

 認識した顔が設定した枠に近づくと赤から黄色になり、合致すると緑色になることで厳密な構図指定が可能だとする。

ストップモーション

 1枚ずつ撮影して動画にするコマ撮りアニメを作成できるアプリ。

 クレイアニメなどが簡単に作れるという。動画は自動生成される。

IDフォト

 証明写真のフォーマットと印刷紙のサイズを指定し撮影すると、顔の位置とサイズを自動調整した証明写真が作成できるアプリ。

 フォーマットはプリセットに加えて、カスタム設定も可能となっている。