ニュース

Phase One、Wi-Fi機能搭載のデジタルバック「IQ2」シリーズ

6,050万画素のモノクロ専用機も

 DNPフォトルシオは、Phase One A/Sのデジタルバック「IQ2」シリーズを6月末に発売する。価格はいずれも未定。

 新たにWi-Fi機能を搭載し、Capture Pilotとの連携で直接プレビューデータを転送できるほか、リモートでのカメラコントロールにも対応する。ダイナミックレンジは新たに13絞り分となった。

IQ2シリーズ。左からIQ280、IQ260、IQ260 Achromatic

 「IQ280」は、53.7×40.4mmの有効8,000万画素CCDセンサーを搭載。記録サイズは10,328×7,760ピクセル。4画素の組み合わせで高感度ノイズを抑えるSensor+モード時は2,000万画素(5,162×3,878ピクセル)で記録する。

IQ280
645DF+との組み合わせイメージ

 「IQ260」は、53.9×40.4mmの有効6,050万画素CCDセンサーを採用。記録サイズは8,984×6,732ピクセル。Sensor+時は1,500万画素(4,490×3,364ピクセル)で記録する。1/10,000秒〜1時間の長時間露光撮影が可能としている。

 モノクロ専用機の「IQ260 Achromatic」は、53.9×40.4mmのCCDセンサーを採用。記録サイズは8,984×6,732ピクセル。IRカットフィルターを搭載せず、赤外・可視・UVの3光線を取り込むことができる。

IQ260 Achromatic
IQ260 AchromaticのCCDセンサー