ニュース

「SIGMA Photo Pro」にモノクロ特化した処理モードの追加を予告

〜フィルムグレインも付加可能に

 シグマは8日、現像ソフト「SIGMA Photo Pro」にモノクロ写真に特化した処理プロセスを行なう「Monochrome Mode」を追加すると発表した。バージョン5.5として2月に公開する。

 対応機種は「SIGMA SD1」、「SIGMA SD1 Merrill」、「SIGMA DP1 Merrill」、「SIGMA DP2 Merrill」、「SIGMA DP3 Merrill」。

SIGMA Photo ProのMonochrome Mode(モノクロームタブ)

 従来はカラー処理の後にモノクロ画像を生成していたが、Monochrome Modeではカラー処理を行なわずに、モノクロ画像生成に最適な処理を行なう。これにより、Foveon X3ダイレクトイメージセンサーの各層で捉えたRGBの輝度情報を忠実に再現できるとする。ダイナミックレンジの拡大やトーンの再現性が良好なモノクロ画像が得られるとしている。

RGBの比率を変更できるカラーミキシング
フィルムグレインも適用可能に

 また、ISO1600やISO3200などの高感度でもノイズ感の少ない解像度の高い画像を実現するという。なおRGBの混合率も自由に変更でき、カラーフィルターを使用したようなモノクロ写真に仕上げることも可能だとしている。

 フィルムのような粒状性を再現する「フィルムグレイン」機能も利用できる。グレインの大きさと粗さを任意の量で適用可能となっている。

(本誌:武石修)