【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ニコン、「COOLPIX S1200pj」でWebサイトやWordファイルを投影できるiOSアプリ


 ニコンは17日、プロジェクター内蔵デジカメ「COOLPIX S1200pj」向けiOSアプリ「iP-PJ Transfer」の提供開始を発表した。App Storeから無償でダウンロードできる。対応機種はiPhone 4、iPad、iPad 2、iPod touch(第4世代)。対応OSはiOS 4.0〜4.3。

COOLPIS S1200pj iP-PJ Transfer

 COOLPIX S1200pjの内蔵プロジェクターで、USB接続したiOS端末内の静止画やWordファイル、Webサイトなどを投影できるようにするiOSアプリ。iTunesまたは無線LAN経由でパソコンからアプリへデータを転送することもできる。モバイルストレージとしての利用も可能としている。

 アプリを使用すると、iPhone内に保存した静止画の1コマ再生およびサムネイル表示、パソコンからアプリに登録したJPEG画像、ドキュメントファイル(Word、Excel、PowerPoint、PDF、Keynote、Numbers、Pages)の表示、Webサイトの閲覧なども行なえるようになる。

 アプリを使用しない場合は、iPhone内の動画再生、静止画スライドショー、YouTubeのストリーミング再生を行なえる。

 COOLPIX S1200pjは、本体に最大投影サイズ60型のプロジェクターを内蔵するコンパクトデジタルカメラ。カメラ内の撮影画像のほか、パソコンやiPhone内の画像なども投影できる。撮像素子は1/2.3型1,410万画素のCCDセンサー、レンズは35mm判換算28-140mm相当の5倍ズーム。液晶モニターは3型46万ドット。発売は9月22日。実勢価格は4万3,800円前後。

無線LAN接続したパソコンからファイルの直接転送も可能 設定画面
Webブラウザの表示内容を投影できるようになる


(本誌:鈴木誠)

2011/10/17 13:50