ニュース

シグマ、"星景撮影にも耐えうる"「35mm F2 DG DN | C」。Lマウント/Eマウント用

マグネット式レンズキャップを同梱

株式会社シグマは、ミラーレスカメラ用交換レンズ「35mm F2 DG DN | Contemporary」を12月18日に発売する。希望小売価格は税別7万8,000円。Lマウント用、ソニーEマウント用を用意した。

"ミラーレスシステムに新たな価値観を提案する"という新レンズシリーズ「Iシリーズ」をスタート。高い光学性能と一眼レフ用では実現できなかったコンパクトさの両立、所有感を満たすことを目指した"プレミアムコンパクトプライム"として訴求する。

Iシリーズ第一弾のラインナップは次の4本。いずれも35mmフルサイズ対応で、Lマウント/ソニーEマウント用がある。
・24mm F3.5 DG DN | Contemporary(2021年1月22日発売)
・35mm F2 DG DN | Contemporary(12月18日発売)
・65mm F2 DG DN | Contemporary(12月18日発売)
・45mm F2.8 DG DN | Contemporary(発売済み)

本レンズは、サジタルコマフレアの良好な補正で星景撮影にも耐えうるという光学性能と、ミラーレスシステムとのバランスのよいサイズを両立させたとする35mmレンズ。

ミラーレスカメラに最適化した光学設計と、静粛・高速なAFで動画撮影にも適するというステッピングモーターを採用。絞りリングとフォーカスリングを持ち、DMFやAF+MFに対応する。

レンズ構成は9群10枚(非球面3枚、SLDガラス1枚を含む)、インナーフォーカス方式。SLDガラスで軸上色収差を、非球面レンズ3枚で球面収差と像面湾曲、フォーカス時の収差変動を抑制しているという。絞り羽根は9枚(円形絞り)。最小絞りはF22。

最短撮影距離は27cm。最大撮影倍率は1:5.7。フィルターサイズは58mm。

最大径×長さは70×65.4mm。重量は325g(数値はいずれもLマウント用)。

鏡筒は簡易防塵防滴構造。Lマウント用は別売の「SIGMA USB DOCK UD-11」(税別8,000円)に対応する。

通常のレンズキャップと花型フードLH636-01(単品税別1万円)のほかに、マグネット式のメタルレンズキャップLCF58-01M(単品税別1,750円)が付属する。

ソニーEマウント用の装着例

また、レンズキャップを保持するためのカラビナ付きアクセサリー「LENS CAP HOLDER CH-11」を、シグマオンラインショップで販売予定としている。

LENS CAP HOLDER CH-11使用イメージ
SIGMA I series|マグネット式メタルキャップPV

本誌:鈴木誠