交換レンズ実写ギャラリー

シグマ30mm F1.4 DC HSM

EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約4.8MB / 3,456×5,184 / 1/200秒 / F1.4 / +1.3EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:あおい)

 シグマというメーカーはヒトクセあるレンズがよく見かけられる。今回発売された「シグマ 30mm F1.4 DC HSM」も、そのうちの1本だといっても良いだろう。

キヤノン用とシグマ用の発売は3月22日。ニコン用の発売時期は未定。実勢価格は4万9,800円前後

 APS-Cフォーマット専用であるこのレンズは、かつてラインナップされていた「30mm F1.4 EX DC HSM」のリニューアル版であると同時に、同社の高品質シリーズであるArtラインに属するレンズである。

 35mm判換算で45mm相当前後の画角となり、開放F値1.4の明るい単焦点標準レンズとして使用することができる。レンズ構成は8群9枚で、9枚羽根の円形絞りとなっている。鏡筒の最大径は74.2mmと手のあまり大きくない筆者にもちょうど良い太さ。そこにしっかりと幅のあるフォーカスリングが用意されており、ヘリコイド駆動でフルタイムフォーカスが可能。電源OFF時でもフォーカシングができるタイプだ。

 実は旧モデルの「30mm F1.4 EX DC HSM」も愛用しているのだが、開放絞りでの撮影では球面収差によるハロがかなり多めで、解像感もあまり高くないレンズという印象であった。一方、今回リニューアルされた30mm F1.4 DC HSMでは解像感が大きく向上しており、ハロも旧モデルと比較すると大幅に抑えられている。

 ただし完全に取り除くのではなく、あえて若干のハロを味付けとして残しているようにも思える。その結果、フォーカスの合った箇所はきっちりと解像し、アウトフォーカス部にかけてはハロの滲みを味付けとすることで、柔らかいなかにも芯のある、ちょっと不思議な描写をするレンズとして仕上がっている。また色収差もあえて残しているようにしか思えず、これが被写体を背景から浮き立たせつつ、どこか夢遊感とも言い得る妙な味付けを演出している。

 ただしこれは開放絞り近辺での撮影時の特徴であって、F4〜8と絞り込むことでこれらの収差はすっきりと消え落ち着いた描写となるのだが、こういったところもなかなか面白い。柔らかいのにシャープ、緩いのにクリア。実に不思議な描写をするレンズだ。

 Artラインには「35mm F1.4 DG HSM」という、カリカリの解像感によりリアルさを追求した単焦点レンズが存在する。そこにこのような緩い味わいを前面に出したまったく性格の異なるレンズをラインアップしてきたことは非常に愉快だ。この対照的な2本の存在から、シグマの考える「Art」というものを垣間見ることができる。そのような事を考えさせてくれるユニークな1本である。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像をダウンロード後、800×600ピクセル前後の縮小画像を表示します。その後、クリックした箇所をピクセル等倍で表示します。
  • 縦位置で撮影した写真のみ、無劣化での回転処理を施しています。
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約5.6MB / 3,456×5,184 / 1/400秒 / F1.4 / +1.3EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:あおい)
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約4.7MB / 3,456×5,184 / 1/400秒 / F2 / +0.7EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:あおい)
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約5.9MB / 3,456×5,184 / 1/6400秒 / F1.4 / +0.3EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:あおい)
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約5.3MB / 3,456×5,184 / 1/800秒 / F2 / +1.3EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:あおい)
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約5.2MB / 5,184×3,456 / 1/500秒 / F1.4 / +1EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:あおい)
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約7.8MB / 3,456×5,184 / 1/640秒 / F4 / 0EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:夏弥
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約6.6MB / 3,456×5,184 / 1/800秒 / F2 / +0.7EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:夏弥
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約5.5MB / 3,456×5,184 / 1/400秒 / F1.4 / +0.3EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:夏弥
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約7.2MB / 3,456×5,184 / 1/1250秒 / F1.4 / +0.7EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約5.2MB / 3,456×5,184 / 1/400秒 / F2.8 / +1EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:あおい)
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約4.1MB / 5,184×3,456 / 1/1600秒 / F2.8 / +1EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約6.1MB / 3,456×5,184 / 1/60秒 / F8 / +0.3EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約5.2MB / 5,184×3,456 / 3秒 / F11 / -0.7EV / ISO800 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約5.6MB / 5,184×3,456 / 6秒 / F11 / -1EV / ISO800 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
EOS 60D / 30mm F1.4 DC HSM / 約5.7MB / 3,456×5,184 / 1/1250秒 / F1.4 / 0EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm(モデル:夏弥

礒村浩一

(いそむらこういち)1967年福岡県生まれ。東京写真専門学校(現 東京ビジュアルアーツ)卒。女性ポートレートから風景、建築、舞台、商品など幅広く撮影。全国で作品展を開催するとともに撮影に関するセミナーおよび撮影ツアーの講師を担当。デジタルカメラに関する書籍やWeb誌にも数多く寄稿している。近著「オリンパスOM-Dの撮り方教室 OM-Dで写真表現と仲良くなる」(朝日新聞出版社)、「マイクロフォーサーズレンズ完全ガイド」(玄光社)など。 2015年9月よりデジタルハリウッド「カメラの学校」講師。Webサイトはisopy.jp Twitter ID:k_isopy