【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

デジカメドレスアップ主義:RX100ドレスアップコレクション

ソニーサイバーショットDSC-RX100
Reported by 澤村徹

 ソニーのサイバーショットDSC-RX100が発売になって約3カ月が経過した。コンパクト機としては大型の1インチセンサー、大口径タイプのツァイスレンズを搭載し、名実ともの高性能コンパクトの人気モデルだ。GR DIGITALの登場以降、この手のカメラはドレスアップアイテムが各社から登場する。RX100は外付けファインダーやレンズフードこそ装着できないものの、ケースや貼り革キットなど、ボディまわりのアイテムが各社からリリース済みだ。今回はこれらのアイテムを使ってRX100をドレスアップしてみよう。

 


 

  • カメラケース:リコイル RX100 Gradient whiskey case
  • ストラップ:アルティザン&アーティスト ACAM-304(ブラック)

 まずはリコイルのケースをメインに据えてみた。このアンティークカラーはリコイルの十八番ともいえるスタイルで、キャメルレザーをグリーンで手染めし、その上からコーティングを施して強い光沢を放つ。RX100用ケースは、地のレザーカラーを活かしたGradient whiskey、グリーンを前面に押し出したLimited Greenの2タイプをラインナップしている。手染めのムラ感と強い光沢が印象深いレザーケースだ。デザイン面ではグリップ部分がダブルステッチになっており、ホールド時の滑り止めになっている。また、同テイストのストラップも用意しているので、セットアップでドレスアップしてもよいだろう。

 このスタイルではアルティザン&アーティストの組紐ストラップを組み合わせてみた。同社の組紐ストラップは定番商品のひとつで、ACAM-304は先端がループ状のひもになっており、RX100に直接装着できる。ストラップ自体はシルク製の上質な組紐だ。肌触りがよい上に、手首に巻き付けやすくて実用性も高い。

Gradient whiskey case(左)とLimited Green case(右)はともに1万4,800円だ 背面は大きく開いており、すべての操作ボタンにイージーアクセスできる
付属のネジで三脚穴に固定する。サイドにフックボタンがあり、ストラップを付けたままケースの着脱が可能だ。 アンティークカラーのネックストラップとハンドストラップをラインナップしている。
組紐ストラップは1万2,600円。カラーバリエーション豊富で、ケースとカラーコーディネイトを楽しみたい 取り付け部はループ状になっている。RX100をはじめ、コンパクト機向けの仕様だ。

 


 

  • カメラケース:鳥井工房 RX100 エバレディケース ビルトイングリップタイプ(プエブロ・タバコ)
  • ストラップ:鳥井工房 Queアームパーツ(プエブロ・タバコ)

 2例目は鳥井工房のケースとストラップでまとめてみた。鳥井工房のエバレディケースは、どの機種用もひと工夫あるのが特徴だ。RX100用はビルトイングリップを採用し、実用性とデザイン性の両面で大きなポイントになっている。また、背面にはサムグリップがあり、前面のグリップと合わせてホールド感向上に貢献するだろう。RX100はミニマムサイズのカメラだが、これなら手の大きい人でも持ちやすいはずだ。サムグリップ部のホックボタンを外すと、側面のUSB端子にアクセスできる。ただし、このサムグリップが録画ボタンを隠してしまうため、動画をひんぱんに録る人は要注意だ。

 ストラップはケースと同色同素材のハンドストラップを組み合わてみた。このストラップはひも式ではないが、RX100用エバレディケースは側面にDリングがあり、ここに装着できる。テープ式や二重リング式のストラップも装着可能だ。

鳥井工房のケースは1万9,800円。写真のチョコレート色以外に、灰緑、黒をラインナップする ほどよく盛り上がったビルトイングリップを搭載する。デザイン的にも印象的だ
サムグリップに親指をそえるとホールドが安定する。ホックボタンを外すと録画ボタンがあらわれる ケースの両側面にDリングがあり、様々なタイプのストラップが装着できる
鳥井工房のハンドストラップは6,800円。ケースと同カラーをラインナップしている

 


 

  • 貼り革キット:Aki-Asahi Sony DSC RX100用貼り革キット(ディープレッド・リザード)
  • ストラップ:ユリシーズ スプートニク2(エクストラオリーブ)

 最後は貼り革とハンドストラップでカラーコーディネイトを楽しんでみた。Aki-Asahiの貼り革キットとユリシーズのスプートニク2は、ともにカラーバリエーション豊富な製品だ。オフィシャルサイトで種類を確認したところ、Aki-Asahiの貼り革キットは全19種類、ユリシーズのスプートニク2は全11種類となっている。これだけ多くの選択肢があれば、好みの配色が見つかるだろう。カメラは往々にして黒や茶で無難にまとめがちだが、あえて大胆なカラーコーディネイトを楽しみたい。

Aki-Asahiの貼り革キットは1,600円。前面下段のみを覆うスタイルだ。軍艦部のみの上部用貼り革キットも発売している リアルレザーとビニックスレザー(黒シボ)をラインナップしている。型押しタイプが特に豊富だ
ユリシーズのスプートニク2は3,885円。シックな色からビビッドカラーまで、豊富なカラバリが魅力だ スプートニク2はサイズ調整が可能だ。拳を通してから手首のサイズに絞り込んで使用する

 


 

 ひと頃、高級コンパクト機はホットシュー付きがトレンドだった。また、レンズアダプターを介してフードを装着するなど、クラカメ風ドレスアップのベースボディとして人気を集めた。しかし、RX100はホットシューやレンズアダプターがないため、その手のドレスアップは難しい。ケースとストラップでいかに魅せるかがポイントになるだろう。

 本機はグリップレスのフラットボディなので、ケース装着時に革の浮きが少なく、ジャストフィットですわりがよい。ケースの上からホールドしても、本体を直接握るようなダイレクトな感触がある。これはRX100ならではのアドバンテージといえるだろう。ストラップの取り付け部はひも式となり、テープ式や二重リングは直接装着できない。ただし、昨今のストラップブランドは取り付け部の変換パーツを用意していることが多い。手持ちのストラップを流用する際は、こうした変換パーツを活用するとよいだろう。



(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。カメラならびにデジタル関係を得意するフリーライター。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、ひと癖あるカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。近著は「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1カスタムブック」「GR DIGITALカスタムブック」(ともに翔泳社)他。http://metalmickey.jp

2012/10/9 00:00