ニュース

よしみカメラ、迷彩柄の「忍者レフ カモフラージュセット」

全身を隠して野生動物を撮影

よしみカメラは、「忍者レフ カモフラージュセット」を6月1日に発売する。価格は税別1万円。

「忍者レフ カモフラージュ」(税別5,500円)と「ひとつ目クン カモフラージュ」(税別5,500円)をセットにした製品。それぞれ単品でも販売する。

忍者レフ カモフラージュは、片側が迷彩柄、もう片側が黒の穴あきレフで、撮影者の顔を隠すことができる。ひとつ目クン カモフラージュは、撮影者の全身を迷彩柄で隠せるシートで、レンズ穴を備える。

忍者レフ カモフラージュ
ひとつ目クン カモフラージュ

いずれも、野生動物の撮影時などに撮影者を隠すためのアイテム。ひとつ目クン カモフラージュ内に忍者レフ カモフラージュをセットすることで、ひとつ目クン カモフラージュのレンズ穴の隙間を塞ぐことができ、効果が高まるという。

忍者レフ カモフラージュとひとつ目クン カモフラージュを組み合わせたところ

撮影用のテントに比べると、レンズの方向を即座に変えられたり、流し撮りができるメリットがある。また視界が広いため、後方や横に来た別の被写体に気づくことができるとする。さらに、夏場は蒸れずに撮影可能。

機材に取り付けたまま移動が可能で、被写体までの距離を詰めたり、別のポイントに移動することなどがスムーズに行える。

なお、ひとつ目クン カモフラージュには棒を通せるスペースが有り、棒状のものなどを入れることで安定する。また、末端部の固定用ゴムを足で押さえることで風の影響を抑えられる。

初回限定特典として、200セットに同社製の自撮り棒「自分撮りL」を同梱する。

忍者レフ カモフラージュは直径20cmまでのレンズに対応する。外形寸法は収納時が19cm、使用時が50cm。重量は163g。

ひとつ目クン カモフラージュも直径20cmまでのレンズに対応。外形寸法は50×165cm、重量は137g。