ニュース

富士フイルム、ズーム全域F2.8の「XF16-55mmF2.8」

XF標準ズームのフラッグシップ

富士フイルム株式会社は、Xマウント用の大口径標準ズームレンズ「フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR」を2月26日に発売する。

価格はオープン。店頭予想価格は13万円前後の見込み。

海外で正式発表済みの製品で、ズーム全域F2.8の標準ズームレンズ。「XF標準ズームレンズ」のフラッグシップモデルに位置づけられる。国内でもこのたび正式に発売が決まった。35mm判換算での焦点距離は24-84mm相当。

ちなみにXマウント用の標準ズームレンズとしては、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS、XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR、XC16-50mmF3.5-5.6 OISが発売済み。ズーム全域F2.8の標準ズームレンズは、今回の製品が初めてとなる。

レンズ構成は、非球面レンズ3枚やED(異常分散)レンズ3枚を含む12群17枚。ズーム全域に渡って画面の隅々まで高い解像力を実現したという。

レンズ全面には独自の多層コーティング処理「HT-EBC」(High Transmittance Electron Beam Coating)を施した。シャープでクリアな描写を実現したとする。ナノGIコーティング技術も取り入れられ、ゴーストやフレアを抑えるという。

レンズの駆動にはリニアモーターを採用する。位相差AFに対応したXシリーズのボディなら、最速0.06秒の高速AFを謳う。フォーカシングはインナーフォーカス式。

絞り羽根は円形9枚。

最短撮影距離は標準0.6m。マクロモードでは広角端で30cm〜10m、望遠端で40cm〜10mが撮影距離範囲となる。

本体は防塵・防滴・耐低温構造。フィルター径は77mm。外形寸法は約83.3×106mm(最大径×全長)。質量は約665g(レンズキャップ、フード含まず)。