ニュース

7台まで同期撮影できる「EXILIM EX-100PRO」

Android端末から操作可能。60コマ/秒での撮影も

 カシオ計算機は、複数台で同期撮影ができるコンパクトデジタルカメラ「EXILIM EX-100PRO」を2015年1月13日に発売する。価格はオープンプライス。実勢価格は税別12万円前後の見込み。企業や大学向けを想定したモデルだが、直販サイトe-casioで個人にも販売する。e-casioでの価格は税込10万3,700円(2015年1月18日までのモニター販売価格)。

 既存のEXILIM EX-100をベースに、最大7台のEX-100PROを無線LANで同期させ最大500μ秒の精度でコントロールできる機能を搭載したモデル。企業や大学の研究室、プロスポーツ分野などでの使用を想定するという。

 同期撮影はAndroid端末から行える。60コマ/秒の高速連写機能も追加しており、多視点での連写が可能。実験解析やアスリートのフォームチェックなどで活用できるとする。

 望遠鏡や顕微鏡に接続した際、逆さまに見える画像を反転できるモードも搭載した。

 撮像素子は1/1.7型有効1,210万画素CMOSセンサー。レンズは35mm判換算での焦点距離は28-300mm相当F2.8。フルHD 30fpsの動画も撮影可能。

 最高感度はISO12800、HSナイトショットでは最高ISO25600で撮影できる。RAW記録も可能。

 液晶モニターは約92万ドットの3.5型のチルト式。上側には180度まで回転できる。

 外形寸法は119.9×67.9×50.5mm。バッテリーと記録メディアを含む重量は389g。