ニュース

【CP+】エプソン、EVF用0.38型144万ドットパネルを出品

 インクジェットプリンターによる作品作りの特徴を、ブース全体で表現していたCP+2014のエプソン。サイズ、用紙、表現力など、豊富なプリント例を通して展示している。

大サイズや多彩な用紙の選択肢など、インクジェットプリントの可能性をアピール
実際のプリントを多数展示することで、表現力の高さを示していた
新宿に所在するギャラリー「エプサイト」の紹介も

 また、EVF用の0.38型高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル「ULTIMICRON」(アルティミクロン)についても展示があった。

 従来より小型ながら144万ドットの高精細表示を可能にしたのが特徴で、2月12日、オリンパスの小型ミラーレス機「OM-D E-M10」に搭載されることが発表されている。

高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル「ULTIMICRON」をアピール
新製品のEVF用0.38型約144万ドットパネル
OLYMPUS OM-D E-M10に搭載されている

 その他、PX-5V、PX-7V、EP-4004といった実機も展示されていた。

EP-4004
PX-7V