ニュース

キヤノン、DIGIC 6・光学30倍ズームの「PowerShot SX700 HS」

“クリエイティブショット”も搭載

 キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX700 HS」と「PowerShot SX600 HS」を2月20日に発売する。価格はオープンプライス。

PowerShot SX700 HS

 35mm判換算での焦点距離25-750mm相当F3.2-6.9の30倍ズームレンズを搭載するモデル。直販価格は3万7,800円。カラーはブラックとレッドを用意する。

 新たに1回のシャッターでオリジナル画像の他、異なる5枚の画像を記録する「クリエイティブショット」を搭載した。シーン解析を行ない、撮影時のブラケットやエフェクトの付加でさまざまな写真を生成する機能。「PowerShot N」に搭載されていたものと同様の機能だが、新たにストロボブラケットが装備され、カラーフィルター選択が可能になった。

 なお、フィルターは油彩風、水彩風、露光間ズーム風、フィルター合成などが加わり、従来の25種類から46種類に増えた。

 撮像素子は1/2.3型有効1,680万画素裏面照射型CMOSセンサー。最高感度はISO3200(ローライトモードはISO6400)。

 画像処理エンジンDIGIC 6を搭載し、フルHD(60fps)のMP4動画を撮影できる。動画時は5軸の手ブレ補正が可能。

 液晶モニターは約92万ドットの3型。Wi-Fi機能も搭載する。電源はリチウムイオン充電池「NB-6LH」。撮影可能枚数は約250枚。

 外形寸法は112.7×65.8×34.8mm。バッテリーと記録メディアを含む重量は約269g。

PowerShot SX600 HS

 SX700 HSに対してレンズを35mm判換算での焦点距離24-450mm相当の18倍ズームにすることなどで価格を抑えたモデル。直販価格は2万8,800円。ブラック、ゴールド、レッド、ホワイトを用意する。

 撮像素子は共通。クリエイティブショットも利用できる。画像処理エンジンはDIGIC 4+で動画はフルHD(30fps)となっている。

 液晶モニターは約46万ドットの3型を搭載する。電源はリチウムイオン充電池「NB-6LH」。撮影可能枚数は約290枚。

 Wi-Fi機能も搭載する。

 外形寸法は103.8×61×26mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は約188g。