ニュース

ニコン、「ニッコールタンブラー24-70」をリニューアル

内容量40%アップ。ショートサイズの「Micro 60」も

 ニコンイメージングジャパンは、ニッコールレンズに近い外観を再現した飲料用タンブラー「ニッコールタンブラー」2製品と同タンブラー用のスタンドを12月19日に発売する。Webのニコンダイレクトおよび4店舗のダイレクトストア、ショールーム、サービスセンターで取り扱う。

ニッコールタンブラー24-70
ニッコールタンブラーMicro 60

 ニコン純正の飲料用タンブラー。2011年4月に発売した「ニッコールタンブラー」に対する購入希望の声が多くあり、リニューアルと再発売を決定したという。

 ラインナップは、初代同様AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDをモチーフにした「ニッコールタンブラー24-70」(約420ml、3,780円)に加え、新たにAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDをモチーフにしたショートサイズの「ニッコールタンブラーMicro 60」(約230ml、3,570円)が加わった。

 いずれもカメラに取り付けることはできない。

ニッコールタンブラー24-70
ニッコールタンブラーMicro 60

 なお、ニッコールタンブラー24-70は、2011年4月発売の初代モデルに比べ容量が約300mlから約420mlにアップしている。

 これらの新しい24-70とMicro 60のタンブラーには、コースターとして使える「ニッコールタンブラー用スタンド」(単品840円)が新たに付属。初代ユーザーからの要望に応えたもので、2011年4月発売のニッコールタンブラーにも対応するという。ニッコールレンズ用のスタンドではないとしている。

ニッコールタンブラー用スタンド