【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ペンタックスの新製品は44×33mmの大型CCDセンサーを搭載

〜近く発表か。機種名は「645D」の可能性

9日20時15分現在の新製品ティザーサイト。Countdown Barが右端に近づきつつある

 ペンタックスは9日、新製品予告サイトの読者向けメールマガジンにおいて、大型イメージセンサー搭載の新製品について新たな情報を発表した。

 新情報は9日発行の「2010.3.9 新製品予告 VOL.5」内に記載。「新製品では44×33mmの大型CCDセンサーを搭載」とある。

 同メールマガジンでは以前に、「35mmフルサイズ比約1.7倍の撮像素子を採用」としていた。今回の情報で、撮像素子の面積が35mmフルサイズ比1.7倍になることが判明した。また撮像素子の種類もCCDになることがわかった。

 続いてメールマガジンには、「35mm判とは世界が違う描写を実現するPENTAX 645D」の記載があった。前半の“35mm判とは世界が違う描写を実現する”は、大型撮像素子による高画質を意味するものと思われる。

 一方“PENTAX 645D”の部分は、新製品の機種名と推察される。仮に「645D」が機種名だった場合、これまで同社が各イベントに出品してきた中判デジタルカメラ「645 Digital(仮称)」を指している可能性がある。

 ティザーサイトでは、「Countdown Bar」が右端のアイコンにかなり接近しており、近く何らかの発表があるものと思われる。ペンタックスは同メールマガジン内で、新製品予告サイトを3月10日10時に更新すると予告した。

 これまでに、ペンタックスが同メールマガジンで明らかにした新製品の情報は下記の通り。

  • 35ミリフルサイズ比約1.7倍の撮像素子を使用
  • 1枚あたりのデータ量が100MB余りにもなる
  • カスタムイメージ機能に、この製品ならではといえる新しいモードが追加される
  • デュアルSD・SDHCメモリーカードスロットを装備
  • 有効約4,000万画素の超大型センサーを採用
  • 44×33mmの大型CCDセンサーを搭載



(本誌:武石修)

2010/3/9 20:27