特別企画

タムロン「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO」
リレーレビューその3(風景・ネイチャー編)

マクロから遠景までを1本で!18.8倍ズームの実力を探る

高倍率ズームレンズと言えば、タムロンのお家芸と言っても過言ではないでしょう。1本のレンズだけで軽快に撮影したいときや機材を減らしたいときなどには大変重宝するレンズで、筆者もこれまで多くのレンズを使ってきました。ただ、高倍率ズームの宿命として画質面にいくばくかの不満があったことも事実です。そのため機能と画質を勘案して、どこで折り合いをつけるかを意識し、取材のためのレンズチョイスをしてきました。

しかし昨今の高倍率ズームは高画質化が徐々に進みつつある中で、さらに倍率も向上しています。その代表格がタムロンの16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACROです。

小型軽量を維持しつつ、世界最高倍率を獲得した本レンズは、従来レンズのレベルを超え、さらに取材の効率が高まると予想できます。そこで風景撮影の現場でいかなる働きを見せてくれるのか、期待を胸に夏から秋へ変わりつつある山野を巡りました。

サイズと操作性

キヤノン用は長さ102mm、最大径75mm、質量540gというスペックを持ちます。数字では実感が伴わないと思いますが、今回使用したキヤノンEOS 70Dとのバランスは良く、適度な重量感が手ブレを抑えてくれる味方になります。

望遠端300mmへズーミングしたときは、さすがに約18.8倍のズーム比を持つレンズらしく長さを感じますが、手のひらに乗せるイメージで構えると、扱いやすくなります。

AF使用がメインのレンズなので、あまり出番のないピントリングはゴム幅が狭い設計ですが、実際に300mmにしてマクロ域の撮影で使ってみるとデリケートな調整もスムーズに行えて、好感触を得ました。

焦点距離

今回はキヤノンのAPS-Cサイズセンサーを搭載したカメラ(EOS 70D)を使ったので、広角端は25.6mm、望遠端は480mm相当として使えます。広角端は28mmより広いので相応のワイド感が得られます。35mmフルサイズ換算で20mm相当を切るような超広角を期待すると物足りないかもしれませんが、極端なデフォルメ表現を求めない限りは必要十分と言えます。

圧巻は望遠端で使える480mm相当の画角です。風景写真の現場では35mmフルサイズ換算で300mm相当の画角があれば不満はないのですが、それが480mmまで使えるわけですから、思い切った切り取りが可能になるわけです。しかも強力な手ブレ補正機構VCが搭載されているため、手持ち撮影を敢行してもブレにくいのは嬉しい限りです。“望遠の目”を持ったフォトグラファーにはこの上ないメリットとなることは間違いないでしょう。

広角端で撮影しました。木立の中で咲くシュウカイドウ。広角端を使えば、森の奥深さやワイド感を感じさせながら、群落する花の美しさを伝えることができます。風景写真を撮る上で、十分な広角性能を持っていると言えます。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO200/F11/1/20秒/-0.7EV/16mm
こちらは望遠端。目を凝らさないとわからないほどの小さな風景。光を浴びた花が暗い背景から浮かび上がっている場面ですが、こんな小さな風景でもしっかりと切り取る力を持っているとは驚きです。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO200/F6.3/1/125秒/-0.3EV/300mm

解像力

すでに述べたように、高倍率ズーム唯一の弱点は画質でした。高倍率を得るために解像力が損なわれたわけですが、本レンズに関して言えば明らかな改善が見られます。

細かい要素が多い風景を撮影したときの解像力は満足のいくもので、今回撮影したいくつかの画像をご覧いただければ確認できると思います。カメラ自体の解像力が高ければ、それを素直に伝えてくれる力が本レンズにはあります。

また、高倍率ズームはテレ端を開放絞りで使うと像が甘くなる傾向がありますが、本レンズでは気になるレベルではありません。積極的に開放絞りが使えるのはメリットです。とはいえ、レンズはある程度絞ると収差が解消し、最高の解像力が発揮できる性質があるので、F8やF11などに絞って使うのも賢い方法です。

コケに覆われた森。ピントが合っている画面中央あたりに注目すると、匂いや手触りが感じられるほどに質感はリアルです。質感を重視するような被写体に対しても安心して使えるレンズです。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO200/F11/0.5秒/-0.7EV/16mm
赤松の森の林床では、緑の草が生き生きとして、美しいコントラストを描いていました。その風景をF11に絞り込んでパンフォーカス気味に表現。画面下部の緑は葉一枚一枚が切れ味鋭くシャープに描写されています。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO200/F11/1/10秒/-0.3EV/28mm

ボケ

筆者の経験では、高倍率ズームは玉ボケを出すには向いていると感じていますが、本レンズでもまったく同じ感触を得ました。背景に木漏れ日がある場合、綺麗な玉ボケを出すことができるので、画面を華やかに飾ることができます。

テレ端の開放F値は6.3なので玉ボケ自体は小さいのですが、望遠側の焦点距離が長いので、画面にたくさんの玉ボケを散りばめることができるため好結果を生みます。

また、通常のボケ味も硬くはないので、前ボケや後ボケを使って主役を美しく見せることができます。大口径タイプではありませんが、ボケを積極的に使うことができるレンズです。

画面中央やや下のピンクは前ボケ、左端と右端は後ボケです。望遠端の開放F値は6.3ですが、これほど柔らかくぼけてくれます。ここまで美しいボケ味が使えるなら、大口径レンズの代わりとして十分使えます。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO800/F6.3/1/40秒/+0.7EV/300mm
82mm(131.2mm相当)での撮影。絞りは開放F値を使っていますが、背景の木漏れ日が美しい玉ボケとなり、画面を華やかに飾ってくれています。玉ボケ好きにはたまらない描写力かもしれませんね。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO400/F6.3/1/125秒/0EV/82mm

AF速度、静粛性など

AFがいかに気持ちよく決まるか、これをレンズの善し悪しを計る目安の1つととらえている方もいらっしゃるでしょう。軽快に決まるAFは撮影にリズムを与えてくれるし、自然の雰囲気を損なわないからです。

そういう観点からすると、本レンズのAFは超音波モーターPZDの搭載によって高速化と静粛化を実現しているため至極快適です。マクロ域から遠景へ、あるいはその逆の場面でも迷うことなくスッと決まるAFは、使っていて楽しくなります。

またAF後にダイレクトにピント操作ができるのは、とくにマクロ域において効果的で、マクロ撮影が捗るという感触を得ました。

最短撮影距離

本レンズの大きな特徴の1つは、本格的なマクロレンズに迫る近接撮影能力を持っているということです。最短撮影距離はズームの全域で39cmですから、望遠端ならクローズアップ撮影が、広角端なら背景をたっぷり見せたワイドマクロ撮影が可能になります。

本レンズはもともと高倍率ズームですから、ほぼレンズ交換の必要性はありませんが、マクロ撮影に関しても本レンズでこなせてしまうとなれば、まさにこれ1本ですべての撮影がこなせてしまうことになります。

いささか極端ではありますが、これほどの性能を持ったレンズであるという認識は持ってもいいのではないかと思います。

まるでマクロレンズを使って撮影したかのようなクローズアップ写真ではないでしょうか。コスモスの小さな蕾をこれほど大きく写せるので、うっかりマクロレンズを携行しなくても表現に困ることはないでしょう。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO2000/F6.3/1/500秒/0EV/300mm
シュウカイドウの花のクローズアップです。暗い背景を選んだので、花だけが浮かび上がっています。実際に撮影するまでは、これほど大きく写せるとは思っていなかったので、ちょっと得をした気分になりました。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO320/F6.3/1/400秒/-1.3EV/300mm
森の中で発見したキノコです。広角端にセットして最短撮影距離で撮影しているため、キノコが大きく写ると同時に、背景もたっぷり見せることができています。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO640/F5.6/1/640秒/-1EV/16mm

逆光

風景写真では、逆光を積極的に狙うことが多いので、逆光の性能は気になるところでしょう。ダイレクトに太陽を入れるような場面では、多少のゴーストが発生する場合もありますが、水面の反射光だったり、太陽が入らない逆光撮影なら、光を上手く取り入れることができます。約18.8倍という驚異的な高倍率ズームを誇るレンズとしては優秀な部類ではないかと感じました。

突然光が差し込んだ森の中での撮影。コントラストが非常に強い場面ですが、光を上手く描写してくれました。光の存在感が強く発揮されているように感じます。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO2000/F11/1/10秒/-1EV/26mm
ホテイアオイが咲く田んぼに夕方の光が差し込んでいる場面です。強い日差しですが、ゴーストもフレアも発生せず、クリアな描写が得られています。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO200/F8/1/1,600秒/-1EV/100mm

まとめ:体力を温存しつつシャッターチャンスの機会を増やす

広角から望遠、そしてマクロまで、たった一本のレンズで撮れてしまう魅力、もっと言えば魔力がこのレンズには潜んでいる、そんな実感を得た撮影旅になりました。

レンズ交換の手間がないのでリズムが崩れず、加えてセンサーにもゴミが付着しないメリットは、風景撮影の現場では計り知れません。また、ついレンズ交換が億劫になって撮影をあきらめてしまうというようなこともありません。手ブレ補正機構VCが強力なので、手持ちでも積極的に撮影に挑めるため、シャッターチャンスの機会も増えます。

日没間際の暗い高原。花の面を出すため、カメラのモニターを引き出し、頭上に掲げての撮影ですが、強力な手ブレ補正機構のおかげで、1/30秒というシャッタースピードでもまったくブレずに撮影できています。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO1600/F8/1/30秒/-0.7EV/20mm
高原に訪れた秋の気配をスナップするような感覚で手持ち撮影したものです。手ブレ補正機構が強力なので、望遠域を使うような撮影でも、安心して手持ち撮影を行なうことができるのは嬉しい限りです。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO200/F5.6/1/160秒/0EV/117mm

さらに、機材が減ることで行動範囲が広がったり、体力を無駄に削ることがないため安全に撮影が楽しめることも、実は大きなメリットなのです。

これほどのメリットを満載した16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACROを、是非使って見てください。作品が変わるかもしれませんよ。

作品集

森の中をさまよっていると霧があたりを包み出したので、黒と白の樹皮を持つ2つの樹が並んでいる場面をスナップ。緻密な描写力が森の匂いを余すところなく掴み取ったような一枚です。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO640/F8/1/30秒/0EV/16mm
夏の終わりだというのに満開のヒマワリに遭遇。逆光のシチュエーションでしたが、ヒマワリも雲もクリアに描写されています。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO200/F11/1/500秒/-1EV/37mm
道路際に咲くコスモス。その向こうには秀麗な浅間山が見えています。三脚を使うことがはばかられる場面でも、手持ちでサクッと撮れるので、出会った場面を逃すことがありません。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO200/F11/1/50秒/0.3EV/16mm
秋の高原を象徴するリンドウ。背景には枯れ色を配して、リンドウの花を強調しています。AFが静かに動作するので高原の雰囲気を損ねることなく、静かな自然の空間を満喫できます。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO200/F6.3/1/250秒/0.3EV/66mm
樹の間から見え隠れするシュウカイドの花を逆光で撮影。約18.8倍のズーム比を誇るので、どんな切り取りでも自由自在です。EOS 70D/16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO/絞り優先/ISO200/F11/1/125秒/-1.3EV/87mm

協力:株式会社タムロン

萩原史郎

(はぎはら しろう)1959年山梨県甲府市生まれ。日本大学卒業後、株式会社新日本企画で「季刊風景写真」(※現在は隔月刊) の創刊に携わり、編集長・発行人を経験。退社後はフリーの風景写真家に転向。著書多数。日本風景写真家協会(JSPA)会員。カメラグランプリ選考委員。