写真で見る

ニコンD750

チルト液晶なのに小型軽量 モノコックボディのFX機

D750の発売日は9月25日(24-120VRキットのみ10月中旬)。店頭予想価格は、ボディ23万円前後、24-85VRキット28万5,000円前後、24-120VRキット30万8,000円前後の見込み

D750は、ともに35mm判フルサイズセンサーを搭載するニコンFXフォーマット機「D810」と「D610」の間に位置する新モデル。ニコンFXフォーマット初のチルト式液晶モニターがついた製品だ。

小型軽量な本体にも注目してほしい。チルト式液晶モニターを備えながら、D610よりわずかに小さい。FX初採用となるモノコック構造ボディのなせる技であり、予想以上の軽さ(本体のみで約750g)とあわせて驚かされた。

操作感や実写については、後日掲載する新製品レビューを待っていただきたい。

撮像素子は新開発の有効2,432万画素CMOSセンサー
チルト式液晶モニターと防塵防滴ボディを両立
90度に開いたときは、ファインダーアイカップより少し手前に引き出せる
SDダブルスロットを装備
バッテリーはEN-EL15。グリップに対して横向きに入れるのは珍しい
ファインダーアイピースはいわゆる角窓
ファインダー内表示
インターフェイスパネル
内蔵ストロボ。ニコンクリエイティブライティングシステムのコマンダー機能を搭載
シャッターボタン周り
撮影モードダイヤルにはロックボタンが。下段はレリーズモードダイヤル
マウント脇のPv(プレビュー)ボタンとFn(ファンクション)ボタンには、各種機能を割り当て可能
上から、フラッシュモード調光ボタン、BKT(ブラケット)ボタン、レンズ取り外しボタン、フォーカスモードセレクター
表示パネル
FX初のWi-Fi機能を内蔵
ピクチャーコントロールはD810を継承。「フラット」や「明瞭度」の項目が見える

(本誌:折本幸治)