【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

ライカM9【第3回】

6bitコードによる違いを検証

Reported by 藤井智弘


エルマリート21mm F2.8と21mm用単体ファインダーを装着したライカM9。手前のレンズはエルマリート28mm F2.8 ASPH.。奥の向かって左がズマリット50mm F2.5、右がズミクロン35mm F2

 1954年の「M3」以来、現在も続くライカMマウント。M型初のデジタルカメラ、「M8」が登場した時、マウントの仕様を初めて変更した。6bitコードの追加だ。レンズ側のマウントに白と黒に塗られたコードを持ち、ボディ側のマウントに装備されたセンサーで読み取る。これはM9でも、そのまま受け継がれている。

 6bitコードのありとなしでは、何が異なるのか。その違いは2つあり、ひとつは装着したレンズに合った画像に最適化。主に周辺光量の低下が補正される。そしてもうひとつは、Exifにレンズ情報が記録される。M用レンズはCPUが入っていないため、6bitコードでレンズの種類をボディ側に伝えているのだ。

 しかし伝統のMマウント。6bitコードなしのレンズしか所有していない人は多いはずだ。筆者もそのひとり。しかし1970年代以降に製造されたレンズなら、多くが6bitコード付きへ改造ができる。そしてM8と「M8.2」では6bitコード自動読み取り、もしくはオフの2つだけだったのが、M9ではマニュアル設定も可能になった。もちろんすべてのMレンズに対応しているわけではないが、6bitコードに改造していないレンズでも6bitコード付きと同様の効果が得られる。筆者自身も6bitコード改造をまだ行なっていないため、基本はマニュアル設定だ。

M9のマウントに装備された、6bitコード読み取りセンサー。そのレンズに最適化した画像が得られ、Exifにもレンズ情報が記録される レンズマウント部にある白と黒い部分が6bitコード。6bitコードなしでも、70年代以降に発売されたレンズの多くが改造可能。またM9はマニュアル設定もできる
6bitコード付きレンズの場合、メニュー画面から「レンズ検出」を「オート」に設定すると読み取りが行なわれる。6bitコードなしのレンズやあえて異なる焦点距離に設定したい場合は「マニュアル」に。レンズ検出を行なわない場合は「オフ」にする 6bitコード付きのレンズでレンズ検出を「オート」、あるいは「マニュアル」で焦点距離を手動選択すると、「INFO」ボタンによる情報画面に装着(選択)されたレンズ名が表示される
レンズ検出を「オート」のまま6bitコードなしレンズを装着した場合や、レンズ検出を「オフ」にすると、レンズ部分は「Uncoded」と表示される

 レンズ交換時にいちいち設定し直すのが面倒(しかも時々、うっかり忘れてしまうこともある)だが、それでもとてもありがたい。なお対応していない古いレンズやMマウントアダプターを使用した場合、また純正以外のレンズを装着した場合は、レンズ検出をオフにするか、マニュアルで好みの画質が得られるレンズ項目を選んで設定する。

 ここでは6bitコード付きレンズ2本、6bitコードなしレンズ2本の計4本を使い、6bitコード読み取りのあり、なし、マニュアル設定のあり、なしを試してみた。使用したレンズは、6bitコード付きがライカカメラジャパンからお借りした「エルマリート28mm F2.8 ASPH.」と「ズマリット50mm F2.5」。6bitコードなしは、筆者が所有している「エルマリート21mm F2.8」と「ズミクロン35mm F2」だ。ちなみに21mm F2.8は、90年代のM6世代。35mm F2は70年代のM4世代。いわゆる6枚玉と呼ばれているタイプだ。

エルマリート28mm F2.8 ASPH.を装着したところ ズマリット50mm F2.5を装着したところ
エルマリート21mm F2.8と単体ファインダーを装着したところ ズミクロン35mm F2を装着したところ

周辺光量のみならず色調も変化

 テストでは、6bitコード読み取りをオン、もしくはマニュアル設定した状態と、オフにした状態で、それぞれ絞り開放から最小絞りまで1EVステップずつ(ズマリット50mm F2.5は1/2EVステップもあり)撮影した。周辺光量低下は、絞り開放では目立っても、絞ると改善しやすい。「オン」と「オフ」では、絞りの変化でどのように写りが変わるのかがわかるはずだ。なお画像はすべてJPEG撮影。レタッチは一切していない。おかげでゴミもたくさん写っているのだが、これはご容赦いただきたい。

 結果は案の定、「オン」と「オフ」では、周辺光量が大きく異なっていた。特に差が激しいのが28mmと21mmだ。6bitコード付きの28mmもなしの21mmも、「オフ」では周囲がケラレたように暗く落ちている。28mmでは1段絞るとかなり改善されるが、それでも最小絞りまで暗いまま。21mmはどの絞りでも周辺が極端に暗くなる。

 さらにこの2本は、周辺光量だけでなく色調まで変化した。どちらも「オフ」ではマゼンタの色カブリが見られる。6bitコードや焦点距離マニュアル入力は、単純に周辺光量低下だけ補正しているのではないのだ。

 50mmと35mmも「オン」と「オフ」で変化するが、28mm、21mmほど劇的ではない。もしオフのまま撮っていたとしても、影響は少ないだろう。あとは好みだ。人によっては、50mmと35mmの「オン」は、絞りを絞ると過剰補正に感じてしまうかもしれない。

マニュアル設定は、装着するレンズと同じものを選択する。もしない場合は、テスト撮影して最も結果がよかったレンズ名、もしくはオフにする。あえてほかのレンズを設定することも可能だ

 通常は「悪」とされる周辺光量低下だが、必ずしもすべての条件で「悪」というわけではない。表現によっては、周辺光量低下が画面にドラマチックな効果を与えることもある。また画面が完全に均一より、わずかに周辺が落ちていた方が、画面が締まって見える場合もある。暗室のプリント時に、印画紙の四隅を軽く焼き込んだ経験がある人もいるだろう。周辺光量の違いが、作品に与える印象が異なってくるのだ。

 28mmと21mmは、通常は「オン」をおすすめしたい。ただし「オフ」の極端な周辺光量低下を活かし、インパクトのある作品を狙っても面白い。さらにモノクロにすれば、マゼンタの色カブリも問題なくなる。なんでも「オン」ではなく、表現によって「オン」と「オフ」を使い分けるのも、M9を楽しむコツのひとつなのでは、と感じた。

 なおマニュアル設定では、当然装着するレンズとは異なるレンズを選択することも可能だ。24mmを装着しているのに、あえて90mmを設定、ということができる。ここではズマリット50mm F2.5を装着し、レンズ検出を「オート」にした状態と、「マニュアル」であえてエルマリート21mm F2.8に設定した画像を比べてみた。「オート」は、6bitコードを読み取っているので、そのレンズに最適な画像。「マニュアル」では、周辺光量低下を補正するために画面周囲が「オート」より明るくなった。また色調もイエローが強い。Exif情報を無視すれば、「マニュアル」は個性的な表現に使っても楽しそうだ。

実写サンプル

※作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像を別ウィンドウで表示します。

エルマリート28mm F2.8(6bitコード付き)

・6bitコード読み取りオン(左)、6bitコード読み取りオフ(右)

※共通設定:M9 / エルマリート28mm F2.8 ASPH. / 5,261×3,472 / +0.7EV / ISO80 / WB:オート

F2.8
F4
F5.6
F8
F11
F16
F22

・6bitコード読み取りとマニュアルレンズ選択の比較

※共通設定:M9 / エルマリート28mm F2.8 ASPH. / 5,261×3,472 / 1/3,000秒 / F2.8 / +0.7EV / ISO160 / WB:オート

6bitコード読み取り マニュアルレンズ設定

ズマリット50mm F2.5(6bitコード付き)

・6bitコード読み取りオン(左)、6bitコード読み取りオフ(右)

共通設定:M9 / ズマリット50mm F2.5 / 5,261×3,472 / +0.7EV / ISO80 / WB:オート

F2.5
F2.8
F4
F5.6
F8
F11
F16

・6bitコード読み取りとマニュアルレンズ選択の比較

共通設定:M9 / ズマリット50mm F2.5 / 5,261×3,472 / 1/1,000秒 / F2.5 / 0EV / ISO160 / WB:オート

6bitコード読み取り マニュアルレンズ設定

エルマリート21mm F2.8(6bitコード無し)

・マニュアルでレンズを設定(左)、6bitコード読み取りオフ(右)

共通設定:M9 / エルマリート21mm F2.8 / 5,261×3,472 / +0.7EV / ISO80 / WB:オート

F2.8
F4
F5.6
F8
F11
F16

・マニュアルレンズ設定とレンズ検出オフの比較

共通設定:M9 / エルマリート21mm F2.8 / 5,261×3,472 / 1/2,000秒 / F2.8 / +0.3EV / ISO160 / WB:オート

マニュアルレンズ設定 レンズ検出OFF

ズミクロン35mm F2(6bitコード無し)

・マニュアルでレンズを設定(左)、6bitコード読み取りオフ(右)

共通設定:M9 / ズミクロン35mm F2 / 5,261×3,472 / +0.7EV / ISO80 / WB:オート

F2
F2.8
F4
F5.6
F8
F11
F16

・マニュアルレンズ設定とレンズ検出オフの比較

共通設定:M9 / ズミクロン35mm F2 / 5,261×3,472 / 1/3,000秒 / F2 / 0 EV / ISO80 / WB:オート

マニュアルレンズ設定 レンズ検出オフ

ズマリット50mm F2.5をエルマリート21mmF2.8の設定で撮影

 6bitコード付きのズマリット50mm F2.5を装着し、レンズ検出(6bitコード読み取り)と、あえてマニュアルでエルマリート21mm F2.8に設定した画像を比べてみた

共通設定:M9 / ズマリット50mm F2.5 / 5,261×3,472 / 1/90秒 / F5.6 / −0.3EV / ISO160 / WB:オート

6bitコード読み取りオン マニュアルでエルマリート21mm F2.8に設定





(ふじいともひろ)1968年、東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。1996年、コニカプラザで写真展「PEOPLE」を開催後フリー写真家になる。現在はカメラ雑誌での撮影、執筆を中心に、国内や海外の街のスナップを撮影。社団法人日本写真家協会会員。

2010/4/26 12:33