デジカメアイテム丼

ゼスティーシステムズ「ZGR-2」「SmartShutter」

iPhoneをデジカメの無線リモコンに。位置情報も取得

 iPhoneをデジタルカメラの“リモコン化”するデバイスのひとつとして、ゼスティーシステムズ株式会社の「ZGR-1シリーズ」(2012年8月発売)を挙げる人もいるだろう。単にケーブルレリーズの代わりになるだけでなく、iPhoneがその場で取得した位置情報を撮影画像のExifに記録してくれるなど、これまでの撮影用品にない先進的な面も話題になった。

 しかし、対応カメラがニコン一眼レフカメラのみと、他社のデジタルカメラを使っているユーザーには縁遠い製品だったのも確かだ。

 そんなゼスティーシステムズから、新しいリモコン化デバイスが発売された。ニコン用の「ZGR-2a」と「ZGR-2b」。そして、キヤノン用の「SS-C1」とキヤノン/ペンタックス用の「SS-C2」、オリンパス用の「SS-O1」、ソニー/コニカミノルタ用の「SS-S1」だ。

 今回発売された「ZGR-2シリーズ」と「SS(SmartShutter)シリーズ」には、従来のZGR-1とは大きく違う点がある。それはBluetooth 4.0を利用した無線通信ユニットとなったこと。

 ニコン一眼レフカメラ向けに販売されてきたZGR-1は、専用のiOSアプリを導入したAppleデバイスに、専用のケーブルを用いてコントロールするシステムだった。対して新製品では、iOSデバイスのBluetooth接続によるコントロールが可能となったのだ。

 対応するiOSデバイスは、iPhone 4/4S、iPod touch第5世代、iPad 3/4/mini。いずれもiOS 5.1以降が必要。

ニコン用のZGR-2bとキヤノン/ペンタックス用のSS-C2のパッケージ

 パッケージ内容をそれぞれ確認すると、ZGR-2シリーズは、接続用の通信ユニットと説明書1枚のみ。SSシリーズに関しても同様だ。

 ただ、SSシリーズにはカメラ側の接続端子に合わせたケーブルが付属する。というのも、SSシリーズに同梱の通信ユニットはどれも同じもので、カメラと接続するためのケーブル(の端子)のみが違う。

SS-C2のパッケージ内容は、説明書、通信ユニット、ケーブルとシンプル
SSシリーズに付属する通信ユニット。中央は電源ボタンだ
通信ユニットとカメラを接続するための各種ケーブル。1パッケージに1本ついている
こちらはニコン用のZGR-2b。ユニットをそのままカメラへと装着する
ニコンD90に装着してみた。電源はカメラ本体から供給される

 ニコン以外のメーカーにも対応した製品がラインナップされたことで、俄然注目される本製品。単に対応メーカーが増えたということだけではなく、無線通信に対応したという点にも注目したい。

 併売されているZGR-1シリーズは、制御するためのアプリと専用のケーブルによる有線システムであった。しかし、ZGR-2シリーズとSSシリーズはBluetoothを利用した無線システムとなっている。つまりZGR-1にあった、iPhoneとカメラをつなぐケーブルの煩わしさがないのだ。しかも、カメラからある程度離れた場所からでもレリーズできる。

 オリンパス用の「SS-O1」「OLYMPUS PEN E-P1」「iPhone 5」を利用して試用してみた感覚では、通信距離は30m程度(メーカーサイトでは、障害物なし、地上から1.2mの場合という条件で、無線通信の距離は最大60mとなっている)。これだけの通信距離があれば、三脚で固定し、集合写真といった用途にも難なく対応可能。もちろん、一般的なワイヤードレリーズの代替製品としても利用できる。ケーブル特有の煩わしさがない点は、とにかく快適だ。

オリンパス用のSS-O1を使ってみた
接続するとこんな感じ

 SSシリーズは通信ユニットとカメラを専用のケーブルで接続する必要があるため、完全なケーブルレスとはいいづらい。とはいうものの通信ユニットは軽く、ケーブルも短いため、それほど邪魔にはならなかった。

 なおZGR-2シリーズの電源は、ニコンのデジタルカメラ本体から供給される。一方SSシリーズの通信ユニットの給電には、ボタン電池(CR2032、同梱)を利用する。

ボタン電池(CR2032、同梱)を使って動かす

 ちなみに専用のiOSアプリ「SmartShutter & ZGR-2」は無料で公開されている。

 アプリをiPhoneなどの対応Appleデバイスに導入すると、自動で通信ユニットの検索が開始される。設定というのは特になく、通信ユニットをカメラに接続し、カメラの電源を入れた後、通信ユニットの「起動/リセットボタン」を押すことで、ペアリングされ、通信が確立される。

 通信が確立されたら、後の操作はiOSアプリ「SmartShutter & ZGR-2」で行なう。アプリのメイン画面には、「フォーカス」「シャッター」「ホールド」という項目が用意され、赤い○部をそれぞれの位置にスライドさせることで、シャッターを切るといった操作が可能だ。なお、カメラのシャッター速度設定をバルブにしておけば、「ホールド」を利用してバルブ撮影に対応できる。赤い○をホールド部にスライドし、任意のタイミングで戻すことでシャッターが切れる仕組みだ。

専用アプリ「SmartShutter & ZGR-2」。無料で公開されている
アプリを起動すると自動でユニットが検索されるため、難しい設定はない
「SmartShutter & ZGR-2」のメイン画面
「フォーカス」をタップすると、カメラが連動してフォーカスされる
赤い○を「シャッター」の位置にスライドすることでカメラのシャッターが切れる
カメラのシャッター設定をバルブにし、アプリの「ホールド」を利用すると、バルブ撮影が可能

 このほかにも、露光時間の設定(0〜99時間59分59秒の範囲)やインターバル撮影(撮影枚数、間隔、開始時間の設定に対応)などにも対応する。これにより、花火や滝といったシーン、微速度撮影といった撮影にも利用できるわけだ。

 また、「フォーカス」をタップし、「シャッター」へとスライドすることでフォーカスロック撮影にも対応する。ただ、フォーカスロックを行なうということは、雲台のパン棒やカメラのグリップを触っているわけで、そこまでカメラに近づいた状態であるなら、素直にカメラのシャッターボタンを操作した方が楽かもしれず、ケースバイケースということなのだろう。

メイン画面上部のタイマー部をタップすると、露出時間を設定できる
いわゆるインターバル撮影の設定項目
ユニット接続アイコン部→表示されたユニット名とタップすることで、利用している通信ユニットの基本情報が確認できる。電力状態のチェックも可能だ
複数のユニットを利用する場合は、ユニット名を変更しておくとよい

 通信ユニットとiOSデバイスを利用して無線シャッターを可能としたZGR-2シリーズとSSシリーズだが、両者はGPS関連の扱いで根本的な違いがある。

 ZGR-2シリーズはZGR-1シリーズと同様、撮影ごとにアプリが取得した位置情報を撮影画像に保存する。一方SSシリーズは、アプリから位置情報をいったん書き出し、PCなどを使って、撮影画像に位置情報を埋め込む作業が必要になる。つまり、いわゆるGPSロガー機能がアプリに搭載されていて、それを利用するわけだ。

 このZGR-2とSSの違いはカメラ側のリモコン端子の仕様によるもので、カメラ本体からの電源供給と同様、ニコン製品と他ブランド製品の違いと言い換えても良いだろう。

 なお、ログデータのフォーマットは、オーソドックスなGPX形式。メールなどを利用してPCなどに取り込み、編集ソフトを利用して埋め込むわけだ。ログデータの送り先としては、メールやiTuneのほか、Evernote、Dropboxなどが選択できる。

GPSロガー機能が利用できる
「移動の軌跡」では、日付から軌跡(GPS情報)が確認できる
軌跡表示の様子
軌跡をタップするとGPS情報が確認できる。画面右上の共有アイコンをタップすると、ログの削除やメールを使った送信が行なえる
これはおまけ機能。現在地の日の出・日の入り時刻が確認できる

 iOSデバイスを所有しており、デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラのレリーズケーブルが欲しいと思っているユーザー、あるいは位置情報を写真に付加したい人なら、検討に値する製品だろう。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。