フォトアプリガイド

Collider(iOS)

フィルムの光線引きをマニアックに再現

今回紹介する「Collider」は、フィルムカメラの光漏れ(光線漏れ、光線引き)をエフェクトとして再現する画像編集アプリだ。光漏れ以外のエフェクトも取り揃えられている。

価格は100円。試用バージョンは1.1。

「Collider」を起動したら、まず画像を選択する。

画像編集画面では、画面下部に編集ツールが、画面上部にキャンセルと完了アイコンがそれぞれ配置されている。

「Filters」には、他の画像編集アプリにあるようなオーソドックスなエフェクトが13種類収録されている。

そのうち「Lightleak」(光漏れ)が本アプリの特徴ともいえる機能。Lightleakだけで25種類が収められており、これはなかなかの収録数だ。

調整を行なう「Adjustment」では、「Brightness」「Saturation」「Contrast」という3つの要素をスライダーを使って調整可能だ。

「Effects」に収録された内容は、それぞれ名称が設定されているのでわかりやすい。また、選択した内容によって、強度変更・調整方法が異なるので注意したい。

「Blur&Focus」はピンチ操作とスライダーを組み合わせて、ボケを設定できる。

また、この他にも「Resize」や「Crop」などの機能があり、画像アスペクト比などの変更にも対応する。

他のアプリではあまり日の目をみることのない「光漏れ」に注力しているという点は面白い。フィルムカメラだと、故意に光漏れを作り出すのは勇気のいることだが、デジタルだとかなりお手軽だ。

デジタルカメラで撮影した画像をスマートフォンに取り込み、フィルムカメラっぽい光漏れを付け加える。今の時代ならではの楽しみ方ではないだろうか。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。