ニュース

マウスコンピューター、クリエイター向け新PCブランドをCP+で公開

フォトグラファーなどプロの意見を反映

マウスコンピューターは、クリエイター向けPCブランド「DAIV」(ダイブ)を発表。2月25日(木)〜2月28日(日)にパシフィコ横浜で開催する「CP+2016」の同社ブースで先行展示する。

DAIVは「DYNAMIC APPROACH IMAGERY OF VISUAL」から命名。プロのクリエイターおよびそれに準ずる実力のユーザーが、自身の感性の世界に飛び込む、画作りに没頭できるほどパワーのある機能性を表現したという。

DAIVブランドの製品は、フォトグラファーをはじめとしたプロのクリエイターの意見をもとにデザイン。処理能力やカスタマイズパーツの豊富さ、移動などハードな使用に耐えうる機能性など、クリエイターの現場の声が反映されたPCとしている。なお、製品詳細は後日発表予定。

CP+2016の同社ブースでは、DAIVブランドのPC機材のほか、RAW現像からカラーマッチングまでの体験、8K映像によるVR向け全天周動画の視聴などを用意する。