ニュース

ライカD-LUXに新色“ソリッドグレー”が登場

4/3型センサーのコンパクトカメラ

ライカカメラジャパンは、コンパクトカメラ「ライカD-LUXソリッドグレー」を12月に発売する。価格は未定。

有効1,280万画素の4/3型センサーに、35mm判換算24-75mm相当F1.7-2.8の「ライカDCバリオ・ズミルックス」レンズを組み合わせたコンパクトデジタルカメラ。アイセンサー付きの約276万ドットEVFを内蔵し、Wi-Fi/NFC、4K動画記録などにも対応する。

発売済みのライカD-LUX(Typ109)を「ソリッドグレー」というグレーペイント仕上げにした追加色。EVFアイピースや背面グリップ部といった細かなパーツまで色を揃えている。レンズ鏡筒や操作部はシルバー仕上げで、グレーペイントとツートンカラーになっている。

ストロボは小型の外付けタイプを同梱。既存のブラックボディにはブラックのストロボが付属するところ、ソリッドグレーにはツートンカラーに合うシルバーのものが付属する。また、ストラップもカメラのカラーにマッチしたものを組み合わせる。

既存ブラックモデルの発売は2014年11月。実勢価格は税込16万7,400円前後。