ニュース

カールツァイス「Batis 1.8/85」の発売日が決定

フルサイズα用の中望遠単焦点レンズ AFにも対応

カールツァイスは8月17日、Eマウント用交換レンズ「Batis 1.8/85」の発売日を決定した。8月20日に発売する。

Batisは、35mmフルサイズのイメージサークルに対応するEマウント用の単焦点交換レンズ。ソニー純正品を除くEマウント用レンズとしては珍しく、AF機構を備えている。情報表示に有機ELディスプレイを使用しているのも特徴。

同時発表の広角レンズBatis 2/25は、8月6日に発売済み。続いて、中望遠のBatis 1.8/85の発売がこのたび決まった。Batis 2/25と異なり、Batis 1.8/85は手ブレ補正機構を備えている。

レンズ構成は特殊低分散レンズ3枚を含む8群11枚。最短撮影距離は80cm。絞り羽根は9枚。フィルター径は67mm。全長×最大径は105×81mm、重量は475g。

希望小売価格は税別14万500円。