ニュース

ロモグラフィーのインスタントカメラ、出資額が目標の5倍に

 ロモジャパンは、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で6月4日から出資を募っているインスタントカメラ「LOMO'INSTANT」のプロジェクトにおいて、出資額が目標の5倍を上まわったと発表した。

 プロジェクトの目標金額は100万円で、6月4日にクリアした。本記事執筆時点では、529万1,001円の出資がある。プロジェクトは、7月6日日曜日の23時59分まで実施している。

 併せて、本プロジェクトに3段階の新たなゴールを設定した。いずれもLOMO'INSTANTが入手できる8,000円以上の出資者が対象。

 第1段として、550万円達成で追加のカラーフィルター4色をプレゼント。第2段として、750万円達成でストラップを贈る。第3段として、1,000万円達成でクローズアップレンズがプレゼントされる。

 LOMO'INSTANTは、富士フイルムのインスタントカラーフィルム「instax mini」を使用するカメラ。35mm判換算の焦点距離27mm相当F8の広角レンズを装備する。出資者への発送は11月下旬〜12月上旬の予定。