ニュース

キヤノン、銀座・名古屋・梅田で“歴史的EFレンズ”10本を実機展示

 キヤノンは、銀座・梅田・名古屋のキヤノンギャラリーで行なう特別企画展「60種のレンズで彩る『私のEFレンズの世界』」との同時開催で、歴史的なEFレンズの実機展示を実施する。会場はキヤノンギャラリー銀座(6月19日〜6月25日)、キヤノンギャラリー梅田(7月3日〜7月9日)、キヤノンギャラリー名古屋(8月7日〜8月27日、8月9日〜8月17日は夏期休館)。

EF 200-400mm F4 L IS USM エクステンダー 1.4×

 キヤノンフォトサークル創立60周年とEFレンズ累計生産1億本を記念した企画展の関連イベント。トークイベント「写真家が語るEFレンズの魅力」、ワークショップ「EOSの交換レンズとレンズアクセサリーを体験してみよう!」と同時開催する。

 世界初などの機能を搭載した歴史的なEFレンズを展示する趣旨で、一眼レフカメラ用交換レンズとして初めて超音波モーターを採用した「EF 300mm F2.8L USM」(1987年11月)、AF一眼レフカメラ用交換レンズとして世界最長の焦点距離と最大の口径を誇った「EF 1200mm F5.6L USM」(1993年7月)など10本を展示する。一部は実際にファインダーを覗ける見込み。

機種名 主な特徴(引用) 発売開始
EF300mm F2.8L USM 世界初(※1、一眼レフカメラ用交換レンズとして)超音波モーター(USM)搭載 1987年11月
EF50mm F1.0L USM 世界一(※2、35mm一眼レフカメラ用交換レンズとして)明るいF1.0を実現 1989年9月
EF35-350mm F3.5-5.6L USM 世界初(※1)10倍ズーム 1993年1月
EF1200mm F5.6L USM 世界最長(AF一眼レフカメラ用交換レンズとして)の焦点距離と最大の口径 1993年7月
EF75-300mm F4-5.6 IS USM 世界初(※2)手ブレ補正機構(IS)搭載 1995年9月
EF400mm F4 DO IS USM 世界初(※2)積層型回折光学素子(DO)レンズ搭載 2001年12月
EF24mm F1.4L II USM 世界初(撮影用レンズとして)SWC(特殊コーティング:Subwavelength Structure Coating」)採用 2008年12月
EF100mm F2.8L マクロ IS USM 世界初(※1)シフトブレ補正が可能なハイブリッドIS採用 2009年10月
EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM 世界初(※1)全周180度から対角線180度までの画角をカバー 2011年7月
EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4x 世界初(※1)のエクステンダー内蔵超望遠ズームレンズ 2013年5月

 なお、銀座会場には生産1億本目のEFレンズ「EF 200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4x」も展示するという。

(本誌:鈴木誠)