【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ソニー、3Dスイングパノラマ対応の「サイバーショットDSC-TX9」

〜本体を振って“立体風”写真の再生も

サイバーショットDSC-TX9。左からダークグレー、ゴールド、レッド

 ソニーは、3D撮影に対応したタッチパネルコンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-TX9」を8月7日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万5,000円前後の見込み。カラーは、ダークグレー、ゴールド、レッドを用意する。

 なお、発表会の模様は「ソニー、サイバーショット2010年秋モデルの発表会」を参照されたい。


2つの3D撮影機能を搭載

 同時発表のコンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-WX5」とともに新たに3D撮影機能を搭載した。

ゴールド

 DSC-TX9の3D撮影機能は、3D対応のブラビアなどで再生可能な「3Dスイングパノラマ」と、カメラの液晶モニターで再生できる「スイングマルチアングル」の2つから選択できる。ともに、同社製デジタルカメラで従来から採用しているパノラマ撮影機能「スイングパノラマ」の技術を応用した。記録はMPO形式で、静止画のみの対応。

 3Dスイングパノラマとスイングマルチアングルは、通常のスイングパノラマを撮影する要領でカメラを横に動かして撮影する。通常のスイングパノラマでは、フレームの中央を短冊状に切り出した画像を多数つなぎ合わせてパノラマ画像を生成しているのに対して、今回搭載した2つの3D撮影機能では1フレームから右目と左目用の2つの短冊状画像を切り出している。

 3DスイングパノラマはHDMIで3Dテレビで接続すると、専用メガネを装着した上で3D映像として鑑賞できる。パノラマ画像のため、テレビでスクロールしながら見ることが可能。3Dスイングパノラマは、ソニー製デジタルカメラとしてはレンズ交換式の「NEX-5」と「NEX-3」に続く採用となる。

 一方スイングマルチアングルは、3D用ではない一般的な液晶モニターで“3Dライク”に映像を楽しめる技術。再生時にカメラを左右逆方向に前後に繰り返し動かすことで写真が“立体風”に見える。カメラ内のジャイロセンサーを利用し、カメラの傾きに応じて、視差のある15視点分の画像をアニメーション的に表示することで3Dのような写真が見える仕組み。

 上記の3D撮影を行なう場合、視差を十分得るためにカメラを持った腕を伸ばして回転させるのがコツという。ソニーでは、これら3D撮影機能を「新しい撮影体験の実現」として訴求する。なお、従来からのスイングパノラマも利用可能。

1,220万画素のExmor Rを採用

 本体サイズは、前モデルとなる「サイバーショットDSC-TX7」とほぼ同じ。デザインもDSC-TX7を踏襲している。表面は新たにヘアライン仕上げとし、金属感を出したという。

レッド

 撮像素子は、新開発となる1/2.3型有効1,220万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」。DSC-TX7の撮像素子は、1/2.4型有効1,020万画素の裏面照射型CMOSセンサーだった。感度はISO125から3200。画像処理エンジンは「BIONZ」。

 AVCHD(1,920×1,080ピクセル、60i)での動画撮影にも対応する。動画撮影中の光学ズームも可能。ソニーでは、720p(1,280×720ピクセル、30p)に比べて動く被写体のパラパラ感が少ないとしている。また、動画に対してはハンディカムで培った絵作りを投入しているのも差別化のポイントとする。なお、1,280×720ピクセル、30fpsのMPEG-4動画も撮影できる。本体にステレオマイクを搭載。

 レンズはDSC-TX7と同じ屈曲光学系による35mm判換算の焦点距離25-100mm、F3.5-4.6の4倍ズームを搭載。カールツァイス バリオ・テッサー銘を冠し、光学式手ブレ補正機構を内蔵する。最短撮影距離は広角端で1cm、望遠端で50cm。

 液晶モニターは約92.1万ドットでワイド3.5型のタッチパネル式(TrueBlack)。液晶モニター上の被写体をタッチするとピントが合う「タッチでピント」には、初めて追尾AF機能を搭載している。

ピクセル単位のホワイトバランス調整も

 新たな撮影モードとして「プレミアムおまかせオート」を搭載した。これまで「手持ち夜景」、「逆光補正HDR」、「人物ぶれ軽減」として存在していた3つのモードを統合したポジション。手持ち夜景モード、逆光補正HDR、人物ぶれ軽減モードの3つは、いずれも高感度撮影技術、高速読出し技術、複数フレームの重ね合わせ技術を用いているが、プレミアムおまかせオートではさらにシーン認識技術を盛り込むことで、夜景、逆光、人物といったシーンを自動判別して最適な撮影が行なえるようになった。

 手持ち夜景モードまたは、人物ぶれ軽減モードに相当するとカメラが判断した場合は、これまで通り6枚の連写画像を合成することでノイズを1/2に低減できる。三脚の使用も自動認識し、長時間露光に切替える。逆光HDRの場合は、2枚の連写画像を合成してダイナミックレンジを拡大する。

 ストロボ撮影時の色再現性も向上した。室内などで人物をストロボ撮影した場合、ストロボの当たる人物は適正なホワイトバランスになるが、背景は部屋の照明の影響で色かぶりするケースがあった。そのため今回、「ナチュラルフラッシュ」と呼ぶピクセル単位で最適なホワイトバランスに設定する機能を搭載した。画面内がミックス光であっても、全体を最適なホワイトバランスで写せるとしている。ナチュラルフラッシュでは、シャッターを押す直前に定常光を計測し、撮影後にストロボ発光時のホワイトバランスを計測している。

 メニュー画面の背景色は、ブラック、ホワイト、ピンクの3色から選択できるようになった。

ダークグレー

 「背景ぼかしモード」も今回からの新機能。主被写体の背景を大きくぼかすことで、これまでコンパクトデジタルカメラでは難しかった印象的な写真が撮れるというもの。同モードでは、1度のレリーズで高速に2コマの撮影を行なう。1コマ目は主被写体にピントがあった写真で、2コマ目はわざとピントを外した画像を取得する。2コマ目の画像は距離情報などを得るための参照用画像となっており、この情報をもとに1コマ目の画像の背景部分を電子的にぼかす。背景ぼかしモードは、人物以外の主被写体でも有効で、複雑な輪郭でも対応できるとしている。ボケの効果は高、中、低の3段階から選択できる。

 また、人物の肌のしわやしみを抑えて明るく撮影できる「美肌モード」も新たに搭載した。顔検出機能を使用しており、最大8人まで対応できる。美肌モードは背景ぼかしモードと同時に使用可能となっている。

 なお、発売済の電子雲台「パーティーショットIPT-DS1」でDSC-TX9を使用した場合、IPT-DS1の新機能「パノラマオーダー撮影!」が利用できる。パーティーショットに搭載したDSC-TX9が自動的にスイングパノラマを撮影する機能。集合写真や旅先で自分を映し込んだパノラマ写真が撮影できる。なお、パーティーショットによる3Dスイングパノラマとスイングマルチアングル撮影はできない。パーティーショットはその場で回転するため、立体画像用の視差が十分得られないためという。

 記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード、メモリースティックPROデュオ/PRO-HGデュオ。内蔵メモリーは32MB。近接無線転送技術「TransferJet」にも対応しており、TransferJet搭載メモリースティック「MS-JX8G」を挿入することで機能する。

 電源はリチウムイオン充電池「Nタイプ」。CIPA準拠の撮影可能枚数は約230枚。HDMI端子を備える。本体サイズは97.8×59.5×17.5mm。バッテリーと記録メディアを含む重量は149g、本体のみの重量は133g。

 DSC-TX9専用ケースも同日に発売する。「LCM-THC」はベルベット風素材を使用したセミハードケース。本体色に合わせた3モデルを用意し、ハンドストラップが付く。価格は3,255円。

LCM-THC(ゴールド) 同レッド
ダークグレー



(本誌:武石修)

2010/7/8 13:00