【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

【CP+】「ミラーレスα」やコンセプトモデルなどを展示したソニー

〜「ミスマガジン+α」によるミニサッカーの試合も

会期:2010年3月11日〜14日
会場:パシフィコ横浜
ソニーブース

 ソニーは、PMA 2010に引き続き「レンズ交換式小型カメラ」およびデジタル一眼レフカメラ「α」のボディ・レンズの参考出品を行なった。

 ほかにも、発売済みのαおよびコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズの撮影体験コーナーや、貸し出しコーナーを用意。ミニサッカーコートの撮影体験コーナーは、人だかりができるほどの人気だ。


レンズ交換式小型カメラ

 PMA 2010にも展示していたコンセプトモデルを参考展示。ガラスケースには入っていないものの、距離があるため手にとることはできないようになっている。

 その代わり、来場者はレンズ交換式小型カメラのサイズと重さを再現したモックアップを手にし、サイズと重量感を確かめることができる。パンケーキレンズもしくは標準ズームレンズを装着したと見られる2タイプのモックアップを用意していた。

 手に取ることができたモックアップを大まかに採寸してみたところ、ボディはおよそ120×30(最薄部)〜35(グリップ部)×65mm(幅×奥行き×高さ)だった。

 また、交換レンズのマウント部を除いた全長は、パンケーキタイプがおよそ25mm、標準ズームと思われるタイプがおよそ60mm。高倍率ズームと見られるレンズの装着例を模したモックアップはなかった。

来場者が実際に手にとることができるモックアップ 時間になるとモデルが登場し、コンセプトモデルを手にする
底面には三脚穴らしきものが見える コンセプトモデルの背面
デジタルフォトフレームでUI関連のスライドショーを行なっている 撮影画面と思われる画像。背景のぼかし具合をスライダーで操作できるようだ
撮影アドバイスを選択すると表示されると思わしき画面。背景をぼかすスライダーは「おまかせオート」モードに含まれる様子 メニュー画面
ホワイトバランスの設定変更を行なう画面と思われる。ライブビューで効果を確認しながら適用できるようだ。表示アイコンなどはα550に近いデザイン 撮影モード選択画面。P/A/S/Mのほか、オートモード、シーンモード、パノラマ撮影機能「スイングパノラマ」を搭載していると見られる

デジタル一眼レフカメラ「α」

 こちらもPMA 2010に引き続き、「中級機」と「メインストリーム機」のコンセプトモデルを展示。ガラスケースに入っており、手にとることはできない。

中級機のコンセプトモデル
中級機コンセプトモデルの背面 中級機コンセプトモデルの上面。モードダイヤルはα700と同じ配列
メインストリーム機のコンセプトモデル
メインストリーム機の背面。α550のようなチルト式液晶モニターと思われる メインストリーム機の上面
中央は「超望遠Gレンズ 500mm F4」 Distagon T* 24mm F2 ZA SSMは2010年内の発売を予定する
超望遠Gレンズ 500mm F4の操作部 上面に距離指標を備える

体験コーナーなど

 ブースにはミニサッカーコートを用意し、αやサイバーショットで試合の様子などを撮影することができた。カメラの貸し出しも行なっており、貸し出し機材で撮影した写真はプリントを行なうこともできる。返却時には抽選により、タオルやトートバッグなどがもらえる。

ミニサッカーの試合を行なっている サイバーショットで撮影した動画をテレビで見ることにより、AVCHDの画質を体感できるようになっている
「ミスマガジン+α」によるミニサッカーの試合を撮影できる ブース2階部分から望遠レンズでの撮影体験も可能。70-200mm F2.8 Gを装着したα900を用意していた
発売済みソニーαボディが並んでいた。スタッフに頼めばケース内の製品も手にとることができる GPSを内蔵するサイバーショットDSC-HX5Vの機能を体験できる
インテリジェントパンチルターIPT-DS1にサイバーショットDSC-TX7を取り付け、自動撮影「パーティーショット」のデモを実施 TransferJetステーションをデジタルフォトフレーム「S-Frame」に接続し、スライドショーを行なうデモも見られた
αやサイバーショットの貸し出しを利用すると、抽選でプレゼントを進呈する


(本誌:鈴木誠)

2010/3/11 18:16