特別企画

今年はオンラインからお届け!CP+2021 ONLINE ソニーブースの最新情報

3日目に突入!本日も話題の講師が多数登場します!!

ソニーCP+2020スペシャルサイト

写真とカメラと写真映像のイベント「CP+2021」が今年も開幕します。新型コロナの影響でオンラインのみでの開催となったCP+2021ですが、各社が趣向を凝らしたコンテンツを配信する予定です。

このページで紹介するCP+2021 ONLINE ソニーブースもそのひとつ。一昨年、昨年はリアルのソニーブースの各種イベントについて紹介しましたが、今年はオンラインでどんなコンテンツが用意されるのか、逐次お伝えしたいと思います。

紹介してくれるのは、CP+2021 ONLINE ソニーブースのアンバサダーに任命されたフォトグラファーの大村祐里子さん。一昨年、昨年に続いての登場となります。CP+2021の開催まで更新をお楽しみに!(編集部)


◇   ◇   ◇

自宅でゆっくりとCP+!

CP+2021 ONLINE ソニーブース3日目、スタートしています! 本日は土曜日ということで、お休みの方も多いのではないでしょうか。今回のCP+はオンライン開催ですので、どこにいてもパソコンやスマートフォンでの視聴が可能です。ぜひソニーブースの講座やオンラインラウンジにご参加くださいませ!

今日も、映像作家・大喜多正毅さんのスペシャルセミナーや、高澤けーすけさんのVlogワークショップ、フォトグラファー・もろんのんさんのレンズ選びの話など盛り沢山です。普段なかなかお話をうかがえない方のスペシャルセミナーはとっても貴重です。どうぞお見逃しなく。

3日目もソニーブースの充実した講座をたっぷりとお楽しみください!

(2021年2月27日)


◇   ◇   ◇

本日もスペシャルセミナー/ワークショップが盛りだくさん!

ソニー本社潜入から一夜明けた本日、CP+も2日目に入りました。本日もスペシャルセミナーやワークショップが目白押しです。

私が気になるのは17時30分からはじまる八木淳さんの「α1で創るスタジオポートレート~自然光編~」! 八木さんファンの私は今から楽しみで仕方ありません。

平日なので仕事の方も多いとは思いますが、一部だけや途中からの観覧、パソコンだけでなくスマートフォンからの視聴も可能です。ぜひLIVEでお楽しみください!

(2021年2月26日)


◇   ◇   ◇

新製品「α1」「FX3」を触ってみました!!

発表時から話題騒然のα1と、発表されたばかりのFX3。潜入ついでに触らせていただきました。

α1は、パッと見はいままでの雰囲気を踏襲している感じです。サイズや重さ、メニュー画面やボタン配置はいままでのαシリーズとあまり変わらないので、従来のユーザーは違和感なく使えると思いました。

約5,010万画素の高解像でありながら、ブラックアウトフリーでの約30コマ/秒の高速連写、「鳥」にも対応したリアルタイム瞳AF、8K動画など……間違いなくカメラの新たな領域に踏み出しています。αは今後、様々なジャンルのプロフェッショナルに使われるカメラになっていくのだと思います。

FX3は、Cinema Lineに新たに加わった製品です。αのシステムを踏襲しており、見た感じはαらしさはありますが(αロゴがあります!)、シネマカメラならではの独自の機能や外観・質感も併せ持っています。フルサイズの描写性能、4K 120p、高感度、広いダイナミックレンジ……、映像制作の現場から日常使いまで、幅広く活躍できるカメラに仕上がっているようです。サイズ感もちょうどよく、ひと目見て欲しくなってしまいました。

Eマウントが採用されているのも嬉しいポイントです。すでにEマウントレンズをお持ちの方は、いままでのレンズをCinema Lineでも使い倒せます。

もはやクリエイター側が試されていると感じるくらい、進化の止まらないαシリーズ。この先、これらでどのような新しい作品が生み出されていくのかが、とても楽しみです。

(2021年2月25日)


◇   ◇   ◇

オンラインラウンジで配信してみました!

登壇された方がスペシャルセミナーやワークショップの合間に登場し、雑談をしたりするオンラインラウンジ。My Sony IDをお持ちの方が入室できる「PREMIUM LUNGE」と、αオーナー限定の「αOwner's LOUNGE」の2つが用意されています。

オンライン上のラウンジ……と思いきや、実際に配信をおこなう部屋があるとのことでお邪魔しました!

さらにちょうどどなたもいらっしゃらなかったこともあり、急遽、数分間だけ出演してお話させていただくことになりました。

なんの心構えもないままお話させていただくことになったのでちょっとだけ不安でしたが、今日の潜入取材の感想や、目の前にあるα1やFX3を触った感触をお話するうちにどんどん楽しくなってしまい、あっという間に時間が経ってしまいました。

スペシャルセミナーやワークショップの会場は良い意味で緊張感がありましたが、オンラインラウンジは、気楽にざっくばらんなトークができる感じで良いなと思いました。講師の方の違った一面やお話を体感できそうです。講師にチャットで質問できますので、ぜひ、併せてご参加いただきたいです。

(2021年2月25日)


◇   ◇   ◇

こちらがスペシャルセミナーの収録風景です!

次は、清家道子さんと萩原れいこさんのスペシャルセミナー「春夏秋冬・αで彩るそれぞれの四季」を見学させていただきました。

こちらのスタジオでもソニーのEマウント機材が多数使われています。

スペシャルセミナーは、さきほどのwacameraさんのワークショップ会場とは別の場所でおこなわれています。こちらのスタジオも、同じくらい広く、しっかりと作り込まれていて驚きました。

お二人の素敵な風景写真、穏やかな語り口調、大人っぽくてシックなセット……まるで上質なTV番組を拝見しているような気持ちになりました。α7R Ⅳの解像感、光芒の美しさなども堪能でき、機材面でも非常に勉強になりました。

清家道子さん
萩原れいこさん
実際の配信画面

スペシャルセミナーは、明日以降もまだまだ続きます! 現場にお邪魔して、他の方のセミナーも俄然楽しみになりました。引き続き、ご期待ください!

(2021年2月25日)


◇   ◇   ◇

CP+2021 ONLINE ソニーブースの収録会場にお邪魔しました!

いよいよ始まりましたCP+2021。本日はCP+2021 ONLINE ソニーブースの収録が行われているソニーに潜入させていただきます!ワークショップやスペシャルセミナー、オンラインラウンジの雰囲気などをわたくし大村が体験させていただき、リアルタイムに皆様にお伝えしていこうと思います。

収録はスタジオAとスタジオBに分かれています。

まずは、wacameraさんのワークショップの様子をお伝えさせていただきます。オンラインなので、簡易な設備なのかなと想像しながらスタジオの扉を開けると……想像を遥かに凌駕するセットが目に飛び込んできました。さながらドラマやCMの収録現場のようで、その規模に圧倒されました。

私は普段制作現場で仕事をしているので、今回のセットのすごさがよくわかり、激しく感動してしまいした。そして、この作り込まれた収録現場の様子から、ソニーさんのCP+にかける強い想いがひしひしと伝わってきました。

撮影機材はもちろんソニー製。おなじみのEマウントレンズも活躍しています。

見学させていただいたワークショップの講師を務めるwacameraさん。α女性座談会ではお世話になりました!

視聴者の方は、ワークショップやスペシャルセミナーを見ながら、ツイッターで質問ができるそうです。そういった双方向のコミュニケーションが出来るところも、オンライン開催ならではの良さだなと思いました。

明日以降もワークショップやセミナーは続きます。この規模のスペシャルセミナーやワークショップを視聴できる機会は、今後そうそう無いと思います。引き続き、ぜひご期待ください。

(2021年2月25日)


◇   ◇   ◇

最新Cinema Line「FX3」を使用したセミナー/ワークショップ!

ついに日本でも「FX3」発表されました

「α7C」を思わせるコンパクトなボディに強力な動画機能が魅力の新製品です。冷却ファン内蔵により4K 60pの長時間録画が可能なほか、4K 120fpsのハイフレームレード動画、15ストップのダイナミックレンジ、XLRマイク端子を装着できるオプション「XLRハンドル」などなど、かわいい見た目と裏腹に、とにかく強力な動画機能を装備しています。

Cinema Lineカメラ「FX3」

そんな「FX3」がさっそく登場するスペシャルセミナーがCP+2021 ONLINE ソニーブースに登場。スペシャルセミナーに登壇する大川優介さん、山口功貴さんからいただいたメッセージをご紹介させていただきます。

大川優介さんは、スペシャルセミナーに加えてワークショップもご担当されます。ワークショップは「ワンオペレーションの映像制作に活きる撮影術」、スペシャルセミナーは「クリエイターの表現に応えてくれるα7S III」というタイトルでお話していただけるようです。技術・機材の側面から色々なお話をおうかがいできそうで楽しみです。

山口功貴さんのスペシャルセミナーのタイトルは「α7S IIIという新しい武器を手に。僕は、映像表現の果てなき高みを目指す」です。マルチに制作活動をされている山口さんからどのようなお話をお伺いできるのか、いまから期待大です!

大川優介さん(ワークショップ)

僕はSNSを通じてCinematicと呼ばれるハイクオリティな動画制作をしたり、日常を切り取り、思い出を残すVlog、そんな表現が学べるTutorial動画などを制作しています。

今回は4年間の経験を生かしてシネマカメラで撮影した作品の撮影方法を
実践を交えて徹底解説いたします。

山口功貴さん(セミナー)

α7シリーズからCinema Lineまで、映像制作機器において選べるラインアップがあるのはクリエイターにとって魅力的。

新たな武器としてシネマカメラを手にし、僕自身実感した映像表現の可能性をお話します!

(2021年2月24日)


◇   ◇   ◇

鈴木佑介さん、山田智和さんがαによる動画制作を解説!

本日は、動画をテーマにしたセミナーに登壇される講師陣お二人をご紹介させていただきます。鈴木佑介さん、山田智和さんです。

映像作家 鈴木佑介さん

フリーランスの映像作家である鈴木佑介さん。動画関連のセミナー講師でも大活躍されています。今回は「未だ見ぬ、ミライの映像世界をこの手に。「α1」が切り拓く一眼動画の新価値」というテーマにもある通り、α1での動画撮影についてお話いただけるようです! スチールだけではなく、動画撮影でも大いに注目されている「α1」。鈴木さんの目にはどのように写ったのか、とても気になります。

映像作家・映画監督 山田智和さん

映像作家・映画監督である山田智和さん。「見たことある!」というCMやミュージックビデオを数多く手掛けていらっしゃいます。今回は「"Somewhere in The Snow” by Tomokazu Yamada meets FX6」というテーマでお話していただけるそうです。フルサイズイメージセンサーを搭載した、シネマの映像表現と、αの技術を融合した映像制作用カメラ「FX6」で撮影された作品を拝見できる予感です。楽しみです!!

(2021年2月22日)


◇   ◇   ◇

スペシャルセミナーを盛り上げる多士済々の面々!

CP+2021 ONLINE ソニーブースのスペシャルセミナーに登壇される、AUXOUTさん、高澤けーすけさん、八木淳さん、wacameraさんの独占メッセージをご紹介させていただきます。

メッセージを拝見していると、動画に写真にと、知見が広がりそうな予感でワクワクします。

私は八木淳さんの作品がとても好きです。普段から商業の作品も追いかけています。なかなか撮影現場を見せていただける機会がないので、今からセミナーを心から楽しみにしています。こうやって、最先端でお仕事されているプロの方のお話をおうかがいできるのは本当に嬉しく、ありがたいです。

フォトグラファー/ビデオグラファー AUXOUTさん

今回のワークショップでは「αで撮るCinematicな映像表現の第一歩」をテーマに、初めてカメラを持つ方や、写真だけでなくこれから映像にもチャレンジしたい方に向けて、動画向けのカメラの設定から実際の撮影技法まで、すぐにチャレンジして映像制作に生かせるTipsを実演を交えてご紹介します。

デジタルライフクリエイター 高澤けーすけさん

どうも、けーすけです!

今年のCP+2021では、Vlogに特化した小さなカメラ「ZV-1」を使って一目引くようなVlogの作り方をご紹介します。

小さなカメラでも、しっかりとポイントを抑えれば、一眼にも負けない動画を作ることができます。

実演も交えつつ、僕なりのコツをリアルタイムでお届けするので、ぜひ遊びにきてください!

フォトグラファー 八木淳さん

皆さま、初めましてカメラマンの八木です。

今回のCP+2021 ONLINE では「α1」を使いモデル撮影での自然光・フラッシュ撮影を実践形式で検証してみたいと思います。

普段、私自身あまり公開する事のない撮影現場を事前に収録し、皆様に現場の雰囲気を感じて頂きながら、「α1」を使ってみた感想、フラッシュや自然光での撮影の解説をしていきたいと思います。

沢山の方にご視聴頂けるのを楽しみにしてます。

フォトグラファー wacameraさん

何度か出演しているCP+にて、今回初めてソニーブースに登壇します、wacameraです。

昨年お届けできなかった熱い思いに更に上乗せして皆様によりわかりやすく楽しんでいただける内容でお届けしたいと思いますので当日楽しみにしていてくださいね!

(2021年2月19日)


◇   ◇   ◇

4名のスペシャルセミナー登壇者からメッセージが!

本日は、CP+2021 ONLINE ソニーブースのスペシャルセミナーに登壇される、小川晃代さん、野口純一さん、山下大祐さん、山本まりこさんの独占メッセージをご紹介させていただきます。

それぞれのジャンルに特化した撮影をおこなっている四名の方。専門分野が異なれば、使用するカメラや機材ももちろん違います。人気の「α7R IV」以外にも、発売されたばかりの「α7C」や「α1」をどのように使いこなされているのか、大変興味があります。

個人的に動物の写真が好きなので、前回CP+での野口純一さんの作品は非常に印象深かったです。今年も楽しみです。

ペトグラファー 小川晃代さん

今回は「レンズで広がるペット撮影の世界」をご覧いただきたいと思います。私の一番気に入っているレンズは「FE 70-200mm F2.8 GM OSS」です。四季折々の自然の中での撮影だけでなく、素早い動きを撮る時にも欠かせません。また、美しいぼけ味と圧倒的な描写力を持つ単焦点レンズは、ちょっと暗い室内での撮影にも強いので、猫を飼っている方にもオススメです。

そして、今回は動画撮影にも挑戦してみました。写真と同様の美しいボケ味満載の映像もお楽しみください。

野生動物写真家 野口純一さん

「α7S III」がもつ4K120P(※)での撮影で捉えた、肉眼では把握しきれなかった野生動物の躍動。そしてαの高速・高精度なAFと、高速連写で捉えた瞬間的な野生の姿。自然の中で撮影した作品をご覧頂きながら各機能や、野生動物撮影についてお話しします。新製品「α1」で撮り下ろした作品と製品の魅力についてもお話しますので是非ご覧ください。
※QFHD(3840×2160)。約10%画角がクロップされます

鉄道写真家 山下大祐さん

CP+2021 ONLINEでは、圧倒的な描写性能とAF駆動の正確さが自慢のGマスターレンズの話題を中心に、最近発売されたコンパクトなフルサイズ機「α7C」や、高画素機「α7R IV」で撮影した作品をお見せします。日頃私が撮りためている作品を通して、鉄道撮影でのレンズワーク、「α7C」を用いた動画作品などもご紹介できればと思います。この機会にインスピレーションをチャージして、撮影のチャンスに備えましょう。

写真家 山本まりこさん

私は神奈川県の小さな海まちの古民家に住んでいます。駅前に小さな山があり、頂上からは海まちと富士山が見え、今年もお正月から菜の花がたくさん咲いているのどかな場所です。そんな町でαと一緒にたくさんの時間を過ごし、写真や映像作品を撮り続けています。

今、愛用している「α7R IV」と「α7C」。この二台のカメラで、最近は作品を撮っています。海のこと、山のこと、町のこと、町の人のこと、そして、スパイスカレーのこと。毎日を日記につづるように、絵を描くように、撮りためた作品をご覧ください。

(2021年2月18日)


◇   ◇   ◇

佐藤健寿さん、ビートないとーさん、6151さんがスペシャルセミナーに登場!

CP+2021 ONLINE ソニーブースのスペシャルセミナーには、さまざまな活動をされている方が登壇されます。今回は、奇界遺産でお馴染みの佐藤健寿さん、YouTubeを中心に活躍されているビートないとーさん、透明感のある色彩が特徴の6151さんのプロフィールをご紹介させていただきます。第一線で活躍されている3名のスペシャルセミナーは必見です!

お三方とも、「α7C」を使用されています。昨年発売された「α7C」、コンパクトかつ高性能で、注目されている方も多いのではないでしょうか。私も写真・動画両方で使っている「α7C」、皆さんがどのように使いこなしていらっしゃるのか、とても興味があります。

6151さん、ビートないとーさんは今年初登壇です。さらに、6151さんは写真、ビートさんは動画で「α7C」を使っていらっしゃいます。同じ機材でも、人によってどのように表現が変わってくるのか……そういった面からも期待が高まります!

写真家 佐藤健寿さん

世界各地のユニークな風習や建築、人物を撮影。写真集『奇界遺産』『奇界遺産2』(エクスナレッジ)は異例のベストセラーに。テレビ・ラジオ・雑誌への出演歴多数。



http://kikai.org/
http://instagram.com/x51
http://twitter.com/x51


Vlogger ビートないとーさん

バックパッカーとしてアジア・中南米を周り、帰国後に映像製作を始める。YoutubeでVlog(Video Blog)や旅、キャンプ動画を中心に投稿し、2020年11月現在10万人のフォローを獲得。またInstagramで写真も投稿してる。



https://www.youtube.com/user/beatusk910/
https://www.instagram.com/beat910/
https://twitter.com/beat910


フォトグラファー 6151さん

Instagramをきっかけにフリーランスに転身したフォトグラファー。風景からブツ撮りまで幅広く手掛け国内外で撮影雑誌やウェブで執筆活動をする傍ら、全国でフォトワークショップを開催するなど「写真の楽しさ」を広く伝える活動にも取り組む。2019年6月に共著「インスタグラム商品写真の撮り方ガイド」出版。Hanako(マガジンハウス)で旅記事を連載中。



http://www.besidecoffee.net/
https://twitter.com/besidecoffee
https://www.instagram.com/6151/


(2021年2月17日)


◇   ◇   ◇

スペシャルセミナーに登壇する3名からメッセージ!

CP+2021 ONLINE ソニーブースのスペシャルセミナーに登壇される、萩原玲子さん、清家道子さん、寺沢孝毅さんの独占メッセージをご紹介させていただきます。

自然や風景を撮影されるお三方。高解像度が魅力の「α7R Ⅳ」や、Gマスターレンズの美しい描写のお話をたくさんおうかがいできそうで楽しみです。また、寺沢孝毅さんのセミナーでは「α1」で撮影された作品も拝見できるとのことで、ワクワクします。

萩原玲子さん


「α7R Ⅳで撮る 風景からの『贈り物』」というテーマでお話をいたします。私にとっての「絶景」を「贈り物」と言い換えていますが、その言葉には風景への敬愛の気持ちが込められています。迫力ある雄大な風景から足元の小さな風景に至るまで、「α7R Ⅳ」は最高に美しい「贈り物」を捉えることができます。

驚くべき高解像、高階調によりため息が出るような自然の繊細な美を写し止め、空気感あふれる描写にイマジネーションも高まります。

遠くへ行けないときも身近な風景に感動を見出し、そしてまたいつか遠くへ風景に会いにいく夢を膨らませる。

「α7R Ⅳ」を通して、風景写真をご一緒に楽しみたいと思います。

清家道子

九州の四季の風景は色彩に富んでいます。

春の優しいパステルカラーから秋の深いオレンジまでソニー「α7R IV」はそれらの色彩を忠実に美しく再現してくれました。

また信頼するGマスターレンズは風景写真を撮影する上でどんな難しい状況でも
力強くサポートしてくれ、コロナ禍の中、限られた条件の中でも確実に作品作りをすることができました。

またαは動画機としても優れており、去年から動画も撮り始めました。セミナーでは私の動画作品も紹介いたします。

風景写真家だからこそ撮れる動画を撮影したい。「動く風景写真」というテーマに去年から取り組んできました。写真だからこそ、動画だからこそ表現できるものがある。αシリーズは写真も動画も非常に美しい映像を撮らせてくれます。

ふたつの世界をどうぞお楽しみください。

寺沢孝毅さん

伝えるためにいかに「表現」するか、私がαを握る理由はそこにあります。

私のフィールドは40年住み続ける小さな島・天売島をはじめ極地から熱帯です。
地球の「素顔」や「真実」を伝えるため、自然環境や野生の命に対峙し続けています。

天売島40年の区切りとした新刊作品集『BIRD ISLAND TEURI』では、収録作品の大部分がαによるものです。

この一冊に込めた天売島の世界観や掲載写真への思いのほか、αの使い分けについて意図などを伝えていけたらと思います。

さらに、表現に動画を積極的に取り入れるようになった背景や、「α7S III」登場による静止画と動画のコラボ表現の可能性について作品を通して語りたいと思います。

新製品「α1」の撮りおろし作品についても披露予定です。

(2021年2月17日)


◇   ◇   ◇

新たに4名の登壇者からのメッセージを紹介!

CP+2021 ONLINE ソニーブースのスペシャルセミナー&ワークショップに登壇される方からのメッセージ、第二弾を入手しました! 今回は、佐々木豊さん、高橋真澄さん、並木隆さん、山田芳文さんの4名のメッセージをご紹介させていただきます。

飛行機、風景、花、野鳥の撮影をされている方々のメッセージを拝見していて、αシリーズやレンズの性能の進化が、講師の方々の作品制作にどのような変化をもたらしたのかが気になりましたので、そのあたりがセミナーやワークショップでおうかがいできたらいいなと思いました。個人的には、日常だと触れ合うことの少ない超望遠レンズのお話にも興味津々です。

写真家 佐々木豊さん

国内最大のカメラと写真、映像の展示会CP+。去年は惜しくも中止となってしまいましたが、今年はオンラインでの開催ということで少しでも皆様に、カメラ・飛行機・写真の楽しみをお伝えできればと思っております。

飛行機はご存知のようにコロナの影響をもろに受けました。減便に次ぐ減便。国際線の多くは未だ欠航が続いています。そんな少ないチャンスの中で撮りためた新作とそれまでに撮影した作品を紹介いたします。飛行機が織り成す美しい情景をご覧いただければと思います。

風景写真家 高橋真澄さん

α7R Ⅳの風景写真に対する優位性、各レンズにおける機動性、描写性を示させていただくとともに、風景写真を撮影する上での被写体の捉え方および見せ方を紹介したいと思います。

写真家 並木隆さん

昨年同様、今年もみなさんにお会いできずとても残念です。早くコロナが収束し、以前のようにみなさんの前でお話できるよう、そしてみなさんが撮影に出かけられるよう願っています。

昨年は緊急事態宣言発出以降、自宅に籠もっていたので4〜6月の間は全く撮影ができませんでした。花を買って撮影していたのですが、どうも乗り気になれず……というのも、やっぱり背景が単調になってしまうんですよね。周囲に咲いている花や木々の色って作品の雰囲気にとても重要なんだと再確認しました。

今回は、私の定番レンズになりつつある135mm F1.8GM、24mm F1.4 GMをメインに、70-200mm F2.8GMやFE 90mm F2.8 Macro G OSSの作品も含めて、背景の生かし方や被写体の見つけ方などをお話します。

写真家 山田芳文さん

コロナ禍で移動に制限があるため、今回は自宅から近いところで観察できる身近な野鳥を中心に構成しました。

鳥の姿だけでなく、周囲の風景も含めてまるごと受け止めた野鳥風景や大胆に寄りで切り取った写真など、24mmの広角から600mmの超望遠までいろいろなレンズで描き分けた日本の野鳥をお楽しみください。

(2021年2月12日)


◇   ◇   ◇

オンラインラウンジで「α caféスペシャルコンテスト」のイベントを実施

前回ご紹介した、My Sony ID登録があればどなたでもログインできるオンラインラウンジ。その中にプレミアムギャラリーコーナーが出現し、そこでは「第10回α caféスペシャルコンテスト」のノミネート作品および受賞作品が発表されるそうです!

スペシャルコンテストの中でも注目したいのが、今年新設された「ムービー部門」です。近年、Vlogを始めとした動画撮影がとても身近になり、大変な盛り上がりを見せています。ムービーをすでに撮影されている方はもちろんですが、これから取り組んでみたいなという方も、ぜひこちらのコンテストにご注目ください! 制作の刺激になること間違いなしです!

αで撮影された力作が揃う写真投稿サイト「α café」。第10回スペシャルコンテストの結果は……CP+2021 ONLINE ソニーブースで!

(2021年2月9日)


◇   ◇   ◇

スペシャルセミナー&ワークショップに登壇される写真家・映像作家4名のコメントを掲載!

CP+2021 ONLINE ソニーブースのスペシャルセミナー&ワークショップに登壇される方からのメッセージを入手しました。何回かに分けてご紹介しましょう。

今回は井上浩輝さん、沼澤茂美さん、福田健太郎さん、YPさんの4名です。

写真家 井上浩輝さん

今回、注目いただきたい点は2つあります。1つ目は、子ぎつねたちが元気にすくすく成長する姿を最新のαを使ってそっとのぞいてみた世界です。素晴らしい望遠レンズやテレコンバーターレンズで、近づきにくい子ぎつねたちに迫ります。そして、2つ目は、「α7S III」の4K120P(約10%画角がクロップされます)での動画撮影で見えてくる新しい動物撮影の世界。暗所での低ノイズに加えて動画切り出しによる静止画像も実用的になってきたと感じています。今年は、この2点を軸に今日のαの魅力をお伝えできればと思います。

天体写真家 沼澤茂美さん

行動が抑制されているこの頃、魅力的なプロダクツの登場は、身近なところに新しい発見をもたらしてくれました。

特に圧倒的なパフォーマンスを発揮する「FE 12-24mm F2.8 GM」や、 「α7S III」を中心に、身の回りの身近な星空の中にどんな感動を見いだすことができたのか、作品を用いながら紹介したいと思います。

写真家 福田健太郎さん

今回のスペシャルセミナーでは、「学び」を軸に考えています。自然や風景の撮影は、誰もが楽しむことのできる世界です。日本各地で撮影した四季折々の作品をもとに、心の動きと現場で判断したテクニックを余すところなく解説。皆さんの写真ライフがより楽しく、面白くなることを願い、いろいろな話をしたいと思います。

映像作家 YPさん

世の中は疾うにIT時代になり、テクノロジーが目まぐるしく進化を遂げる中、クリエイティブの現場も変化していかなければならない。

(2021年2月5日)


◇   ◇   ◇

目当てのスペシャルセミナー/ワークショップを見つけよう! ソート機能を紹介

CP+2021 ONLINE ソニーブースの「スペシャルセミナー & ワークショップコーナー」に、ソート機能が追加されました!

気になる「講師」「作品」「写真か動画か」「扱われる機種」から、何が当日行われるかの情報を調べられます。

特に、「機種で絞り込む」は、発表されたばかりの「α1」はもちろん、「VLOGCAM」まで、興味のある機材からイベントをチェックすることができます。ちなみに、スペシャルセミナー/ワークショップの具体的な内容については後日発表される予定です。

実際にこちらのソート機能を使ってみましたが……これは便利‼︎ スペシャルセミナーやワークショップが気になる方は多いと思うのですが、注目しているのが講師なのか、写真or動画なのか、機種なのかは人それぞれだと思うのです。その注目する要素を満たしてくれる催しに一発でたどり着けるのはありがたく、快感です!

講師から選ぶ
機種で絞り込む
表示切替(講師/作品から選ぶ)

たとえば「α1」でソートをかけてみると、映像作家の大喜多正毅さんがヒットします。数多くのアーティストのMVやライブ映像を手掛ける有名映像作家さんが、α1で撮影した作品をご紹介くださるのでしょうか……! また、私の大好きなフォトグラファー八木淳さんもヒットします。八木さんの写真はとても素敵なので、「α1」ではどのような作品を見せていただけるのか、こちらも大変楽しみです!

他にも、気になる機種でソートをかけると、多くの講師の方がヒットします。ワクワクが止まらなくなる機能なので、みなさまぜひソート機能を活用して、好みのセミナーやワークショップを見つけてくださいませ!

(2021年2月4日)


◇   ◇   ◇

すべてαで撮影した作品! デジタルカレンダーをプレゼント

CP+2021 ONLINE ソニーブースでは、参加したセミナーやワークショップについてのアンケートに答えると、限定デジタルカレンダーがもらえる企画が計画されています。今回、アンバサダー特権で、開発中のカレンダーの一部を先に入手しました! 記事内で特別に公開させていただきます!

デジタルカレンダーは2種類。総勢24名の写真家の作品で構成されていて、それぞれPC版・スマートフォン版が用意されています。使用されている作品はすべてαで撮影されたものです。

デジタルカレンダーの一例(PC版)
デジタルカレンダーの一例(スマートフォン版)
スマートフォン版デジタルカレンダーを表示したところ

毎月さまざまなジャンルの作品を楽しめて、PCやスマホを見る度に「写真が撮りたい!」という気持ちにさせてくれるようなカレンダーです。みなさま、ぜひアンケートに答えてカレンダーをゲットしてくださいね!

(2021年2月3日)


◇   ◇   ◇

αユーザーもそうでない方も! オンラインラウンジが出現

CP+2021 ONLINE ソニーブースでは、My Sony IDのログイン特典として、限定のオンラインラウンジ「PREMIUM LOUNGE」と「α Owner's LOUNGE」の2種類が用意されているようです! それぞれのラウンジ内でのみ楽しめるコンテンツがあり、そこでは先日発表されて話題になっている「α1」の紹介もあるようです。楽しみですね!

「PREMIUM LOUNGE」は、セミナー登壇講師による楽屋裏トークコンテンツや、セミナー・ワークショップで放映された写真および映像作品のプレミアムギャラリーを楽しめます。「PREMIUM LOUNGE」はどなたでも登録可能なので、ぜひ皆さんもご登録くださいね!

「α Owner's LOUNGE」は、αオーナー限定のオンラインラウンジです。

「PREMIUM LOUNGE」の全コンテンツに加え、αオーナー限定の、ユーザー同士がコミュニケーションできるチャットスペースも用意されています。αユーザー同士で熱く語っちゃいましょう!限定プレゼントも準備中とのことです。

(2021年2月2日)

今年はYouTube勢も!

フラッグシップモデル「α1」発表の興奮が冷めやらぬなか、本日、特設サイトにて、スペシャルセミナーやワークショップに登壇される講師の方々が発表されました。セミナーやワークショップを楽しみにされている方は要チェックです!

毎年CP+ソニーブースに登壇されているお馴染みの先生方に加えて、さすがオンライン開催。いまYouTubeで人気のクリエイターさんたちのお名前が見えますね。AUXOUTさん、高澤けーすけさん、もろんのんさん、Ussiyさんなど、いずれも人気のある方です。またInstagramで活躍中の方々、たとえば6151さん、shabonさん、wacameraさんのお名前も。初登壇の方も多くいらっしゃるので、どのようなお話をお伺いできるのか、今からワクワクが止まりません。

セミナーやワークショップの詳しい内容については順次アップデートされていく模様です。引き続き特設サイトの更新を待ちたいと思います!

そして今回のサイト更新で3つの「オンライン特典」が用意されていることが判明しました。

このうち「CP+2021 ONLINE限定 αカレンダー」プレゼントは、スペシャルセミナーおよびワークショップ視聴後のアンケートに解答した 全員 が対象! スマートフォンの壁紙などに使える素敵な写真カレンダーだそうです。

さらに、全国5カ所のαPlazaでは、CP+にあわせた連動イベントが始まるとのこと。イメージセンサークリーニング、無料Vlog体験講座・ギャラリー企画展が予定されているとのことです。こちらも楽しみですね。

(2021年1月28日)


◇   ◇   ◇

フラッグシップ「α1」発表! ONLINE ソニーブースも盛りがること必至!!

本日0時、フルサイズミラーレスαのフラッグシップモデル「α1」が発表されました。スピード、高解像、高ダイナミックレンジを併せ持つ、強力なカメラの登場です。

有効約5,010万画素、約30コマ/秒のAF追随連写(対応レンズが必要)、拡張感度ISO 102400、ダイナミックレンジ15ストップ、240fpsのEVFなどなど……フラッグシップにふさわしく、あらゆるスペックが高度になっています。リアルタイム瞳AFは鳥の瞳や寝転がった犬や猫にも対応しました。

動画も8K 30pや4K 120pでの記録が可能。気になる放熱については新たに設計したボディで対応、8K 30pで連続約30分の記録ができるとのことです。

さて、気になるのはCP+2021 ONLINE ソニーブースの動き。すでに「α1」が大きくとり上げられており、何らかのイベントがおこなわれるのは必至です。期間中、盛り上がりそうです。

また、本日1月27日(水)20時00分から、CP+登壇予定のプロによる「プロフェッショナルによるインプレッショントーク」と題されたYouTubeライフ配信がソニーストア銀座から発信されます。これも楽しみですね!

(2021年1月27日)


◇   ◇   ◇

アンバサダーに就任した大村祐里子です! 今年もよろしくお願いします

皆様こんにちは! 一昨年、昨年と引き続き、大村祐里子はCP+2021 ONLINE ソニーブースの情報を発信する「アンバサダー」を拝命いたしました。

CP+2021は、新型コロナウイルス感染者数の急速な再拡大により、オンラインのみでの開催となりました。ソニーは、CP+の期間中、特設サイトにて様々なセミナーなどの配信をおこなう予定です。

というわけでこちらのページでは、ソニーブースに関する情報を、会期前から会期中に至るまで、常にみなさまにお伝えしていきたいと思います。今年はオンラインでの開催なので、場所を選ばず配信などをご覧になっていただけるというメリットがあります。特に、今まで会場へ足を運べなかった方々、ぜひ!

私は初代α7からずっとフルサイズミラーレスαを使い続けています。昨年はコンパクトで使いやすいα7C、動画機としても優秀なα7S IIIを購入し、スチール・ムービーともにヘビーに使っています。もうαシリーズが無いと仕事ができない、というほどに頼りっぱなしです。

ボディだけではなく、レンズのラインナップも相当充実してきたいま、αがどんな進化を見せてくれるのか楽しみでなりません。今回もそんなソニーブースの情報をどんどん発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さっそく本日公開されたばかりのCP+2021ソニーブースサイトを覗いてみると……「スペシャルセミナー&ワークショップ」「特典情報」についてComing Soon...となっています。どんな内容なのか気になりますね。

そして、「My Sony IDに事前登録して、CP+2021 ONLINE ソニーブースを最大限に楽しもう!」という記載も。一体何が行われるのか楽しみです。

このページでは、CP+2021 ONLINE ソニーブースのページが更新されるタイミングで、最新情報をお伝えしたいと思います。ご期待ください!

(2021年1月20日)

1983年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。有限会社ハーベストタイム所属。雑誌・書籍での執筆やアーティスト写真の撮影など、さまざまなジャンルで活動。