ニュース

オリンパス、テレコン内蔵の超望遠ズーム「150-400mm F4.5 TC1.25× IS PRO」開発発表

300mm F4や40-150mm F2.8に使える2倍テレコンも開発中

M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25× IS PRO

オリンパス株式会社は1月24日、マイクロフォーサーズレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25× IS PRO」とテレコンバーター「M.ZUIKO DIGITAL 2× Teleconverter MC-20」を開発発表した。

どちらも2月28日に開幕する「CP+2019」にデザインモックアップを参考出品するという。

M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25× IS PRO

1.25倍のテレコンバーター内蔵し、35mm判換算300-1,000mm相当の画角をカバーする超望遠ズームレンズ。2020年の発売を予定している。価格は未定。

オリンパス初となるテレコンバーター内蔵レンズで、スポーツや野鳥などの撮影に最適としている。防塵防滴・耐低温-10度の性能を有する。対応カメラ本体の手ブレ補正と協調する「5軸シンクロ手ぶれ補正」も利用可能。

M.ZUIKO DIGITAL 2× Teleconverter MC-20

M.ZUIKO DIGITAL 2× Teleconverter MC-20

防塵防滴・耐低温性能を有する、2倍のテレコンバーター。2019年夏の発売を予定している。価格は未定。

上のM.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25× IS PROや、発売済みの「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」にも装着可能。

焦点距離だけではなくマスターレンズの最大撮影倍率も2倍になるため、超望遠マクロ撮影が実現するとしている。

本誌:鈴木誠