【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

【記録メディア転送速度テスト】パナソニック「RP-SDW64GK1K」(64GB Class10 SDXC)

  • 記録メディアの転送速度を編集部で簡易に計測して掲載するコーナーです。
  • 掲載した結果はテストした個体によるもので、市場におけるすべての製品の性能を保証するものではありません。
  • 記事中の価格や仕様は執筆時のものです。価格は市況により変動する可能性があります。
RP-SDW64GK1K

 パナソニックが2月に発売した「RP-SDW64GK1K」(64GB)および「RP-SDW48GK1K」(48GB)は、パナソニック初のSDXCメモリーカード。実勢価格は、64GBが6万3,800円前後、48GBが4万8,800円前後。

 SDXCメモリーカードは、SDHCメモリーカードの上位規格。規格上最大2TBまでの容量と、最大104MB/秒の転送に対応している。ファイルフォーマットはexFAT。本コーナーでSDXCメモリーカードを扱うのは今回が初めてになる。

 規格上104MB/秒の高速転送が可能とされているSDXCメモリーカードだが、本製品の公称転送速度は22MB/秒とやや控え目。Class10対応ということも合わせて考えると、64GBという容量以外に、ハイエンドのSDHCメモリーカードとの差異が見られないことになる。

 今回はRP-SDW64GK1K単体での計測に加え、付属のSDXCメモリーカード対応カードリーダー「BN-SDCLP3」を用いた計測もあわせて行なった。

同社のSDHCメモリーカード(右)と比べても、端子部など外観に違いは見られない
SDXCメモリーカード対応のUSB2.0カードリーダー「BN-SDCLP3」 microSDHC/SDカードも使用できるが、同時使用はできない

キヤノン「EOS Kiss X4」による書き込みテスト

  • カメラ内のバッファをすべて開放した状態で、RAWデータ(ファイルサイズ約19MB)で連写し、レリーズ回数を調べた。途中でバッファがフルになってもシャッターボタンを押し続けている。また、パワーバッテリーグリップなどのオプションは使用していない。
  • Exifに記録された撮影時間をもとに、撮影開始から30秒間のレリーズ回数をチェックしている。
  • Exifには0秒以下の記録がないため、1秒間の誤差を考えて5回計測し、その平均枚数を小数点第1位まで掲載している。
  • フォーカスはマニュアル。レンズは装着せず、ボディキャップを装着した。
  • 露出はマニュアルモードで、シャッタースピードは1/2,000秒に固定。

各カードのレリーズ回数(RAW+JPEG)
製品名 容量 発売元 区分 スピードクラス レリーズ回数
SDSDX3-016G-J31A
(Extreme SDHC)
16GB サンディスク SDHC Class10 31.2
LSD8GBDRBJP133
(Professional SDHC 8GB)
8GB レキサー SDHC Class6 29.2
TS8GSDHC10
(Transcend SDHC 8GB Class10)
8GB トランセンド SDHC Class10 23.0
RP-SDW64GK1K 64GB パナソニック SDXC Class10 20.8


ニコン「D90」による書き込みテスト

  計測方法はEOS Kiss X4と同様。連写したファイルのサイズはRAWデータ(ファイルサイズ約8MB)とJPEGデータ(ファイルサイズ約300KB)。

各カードのレリーズ回数(RAW+JPEG)
製品名 容量 発売元 区分 スピードクラス レリーズ回数
SDSDX3-016G-J31A
(Extreme SDHC)
16GB サンディスク SDHC Class10 54.8
LSD8GBDRBJP133
(Professional SDHC 8GB)
8GB レキサー SDHC Class6 49.6
TS8GSDHC10
(Transcend SDHC 8GB Class10)
8GB トランセンド SDHC Class10 44.4
RP-SDW64GK1K 64GB パナソニック SDXC Class10 33.4

USBカードリーダーでのテスト

  • 「CrystalDiskMark Ver.2.2.0」の連続書き込みと連続読み出し(Sequential)で5回ずつ計測し、各転送量(KB/秒)の平均を記載した。
  • テスト環境は、Windows XP Professional SP3、Core 2 Quad@2.66GHz、メモリ4GB、SATA500GBのデスクトップPC。
  • USBカードリーダーはパナソニック「BN-SDCLP3」。比較対象として、バッファローの「BSCRA38U2」(Turbo USB ON)でも同一個体のSDXCおよびSDHCメモリーカードを計測した。

●パナソニック「BN-SDCLP3」での計測

各カードの転送速度(KB/秒)
製品名 容量 発売元 区分 スピードクラス Write Read
SDSDX3-016G-J31A
(Extreme SDHC)
16GB サンディスク SDHC Class10 18,596 19,464
LSD8GBDRBJP133
(Professional SDHC 8GB)
8GB レキサー SDHC Class6 18,264 19,676
TS8GSDHC10
(Transcend SDHC 8GB Class10)
8GB トランセンド SDHC Class10 17,584 19,034
RP-SDW64GK1K 64GB パナソニック SDXC Class10 15,953 19,402


●バッファロー「BSCRA38U2」での計測

各カードの転送速度(KB/秒)
製品名 容量 発売元 区分 スピードクラス Write Read
SDSDX3-016G-J31A
(Extreme SDHC)
16GB サンディスク SDHC Class10 21,128 23,154
LSD8GBDRBJP133
(Professional SDHC 8GB)
8GB レキサー SDHC Class6 20,662 23,206
TS8GSDHC10
(Transcend SDHC 8GB Class10)
8GB トランセンド SDHC Class10 17,510 22,202
RP-SDW64GK1K 64GB パナソニック SDXC Class10 17,054 22,358


まとめ

 デジタル一眼レフカメラでの連写テストでは、SDXC対応のEOS Kiss X4と、SDXC非対応のD90でそれぞれレリーズ回数を計測した。いずれも計測前にカメラでフォーマットを行なった結果、ファイルシステムはEOS Kiss X4ではexFAT、D90ではFAT32としてフォーマットされていた。

 レリーズ回数に関しては、製品として高速さを売りとしていないものということもあり、凡庸な結果に終わっている。

 USBカードリーダーでのテストでは、比較対象として使用したメディアと比べると、書き込み速度では少々遅れをとったものの、読み出し速度はまずまずといったところ。

 また、当コーナーの計測環境に限った話ではあるが、SDXC対応のカードリーダーが、必ずしもSDXCメモリーカードのポテンシャルを引き出すわけではないことがわかった。なお、バッファローBSCRA38U2はSDXC非対応の製品だが、BSCRA38U2上でもSDXCメモリーカードをexFAT形式へのフォーマットを含めて問題なく使用できたので、そのまま計測に使用した。

 当コーナーの実測値において、連写速度という点では並の速度だったが、SDHCにない大容量は、用途によっては魅力だろう。特に動画を今までより長時間記録できるという点にアドバンテージがある。「写真をメモリーカードの中に撮り溜めしておきたい」、「従来のSDHCメモリーカードでは映像作品の収録時間が足りない」、「RAWで撮っているとメモリーカードがすぐいっぱいになってしまう」といった悩みがあるならば、導入を検討してみてもいいかもしれない。






本誌:関根慎一

2010/3/25 00:00