【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

写真で見るオリンパス・ペンライトE-PL2

Reported by 本誌:鈴木誠

 オリンパスが28日に発売するレンズ交換式デジタルカメラ「オリンパス・ペンライトE-PL2」をお借りできたので、外観写真を中心に掲載する。同時発表のコミュニケーションユニット「PENPAL PP-1」の試用レポートや、E-PL2の実写を交えたレビューは後日掲載する予定だ。

E-PL2(シャンパンゴールド)

 E-PL2は、オリンパス・ペンシリーズにおいて「E-P2」(2009年12月4日発売)と「E-PL1s」(2010年12月4日発売)の中間に位置する新モデル。背面にコントロールダイヤルを搭載したことで操作性をE-P2に近づけつつ、E-P2には非搭載の内蔵ストロボやワイヤレス発光などの機能をE-PL1sから継承した。本体はE-PL1sからわずかにサイズアップしたが、背面の液晶モニターを2.7型23万ドットから3型46万ドットにグレードアップするなどの機能向上を図っている。

 E-PL1sとの比較では、シャッタースピードが最高1/2,000秒から1/4,000秒に高速化。ストロボ発光が1/160秒から1/180秒まで同調するようになった。そのほかの主な仕様は共通。4/3型1,230万画素のハイスピードLive MOSセンサーを搭載し、最高感度はISO6400。ボディ内手ぶれ補正機構、720pの動画記録などを利用できる。

 アクセサリーポートは仕様を強化した「アクセサリーポート2」(AP2)を採用。発売済みのEVF「VF-2」などを引き続き使用できるほか、Bluetoothで撮影画像の送受信が可能な「PENPAL PP-1」に対応した。

 店頭予想価格は「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II」の付属するレンズキットが8万円前後、レンズキットに「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6」を加えたダブルズームキットが10万円前後、「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」が付属するパンケーキキットが9万円前後、ボディのみ(受注生産)が7万円前後の見込み。

 なお、E-PL1sからキットレンズに採用する標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II」に対応するコンバーターレンズも2月下旬に発売。フィッシュアイコンバーター「FCON-P01」(2万1,000円)、ワイドコンバーター「WCON-P01」(1万2,600円)、マクロコンバーター「MCON-P01」(8,400円)の3製品と、3つのレンズをセットにしたコンバーターレンズセット「3CON-P01」を3万7,800円で用意する。

外観

上部右手側の操作部。E-PL1sと同様、電源ボタンとモードダイヤルを右側に配置した 面積が拡大したグリップ部
内蔵ストロボをポップアップしたところ アクセサリーポートはPENPAL PP-1に対応するAP2。これまでのペン用アクセサリーも使える
記録メディアおよびバッテリー室。SDXCメモリーカードに対応する 充電器とバッテリー「BLS-5」は電気用品安全法の新安全基準に対応したモデル。BLS-5はE-PL1などの「BLS-1」対応機種でも使用可能

・E-PL1(右)との比較

背面右手側の操作部

・パナソニックDMC-GF2(右)と比較

M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(シルバー)

E-PL2に装着したところ
鏡胴を伸ばしたところ(撮影状態)
右はE-PL1のキットレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 L」(シルバー)
フィルター径は40.5mmから37mmになった

・コンバーターレンズ装着

左上から時計回りにフィッシュアイコンバーター「FCON-P01」、ワイドコンバーター「WCON-P01」、マクロコンバーター「MCON-P01」
フィッシュアイコンバーター「FCON-P01」の装着例
ワイドコンバーター「WCON-P01」の装着例
マクロコンバーター「MCON-P01」の装着例
シーンモードに各コンバーターレンズ向けのモードを搭載している

アクセサリー装着

・PENPAL PP-1

・VF-2(シルバー)

画面など

・撮影画面

撮影画面 ヒストグラムを表示
マニュアル露出モードで露出設定を行なっているところ。左右方向のボタン操作はダイヤルの回転で代用できる シャッター優先モードでは、ダイヤル操作にシャッタースピードが割り当てられる
ライブコントロールを継承。感度はISO6400まで選択可能 スーパーコンパネも利用可能
E-PL1sから継承した「ライブガイド」 明るさのスライダーを操作しているところ
測距点を選択しているところ。コントロールダイヤルでも操作できる 拡大表示はE-PL1sと同様、拡大ボタンで可能。拡大範囲を選択するカーソルの動作が機敏になった印象

・アートフィルター

アートフィルターの種類によっては「効果の追加」を選べるようになった ドラマチックトーンには「フレーム効果」を適用できる
アートフィルター「ドラマチックトーン」にフレーム効果を適用しているところ(ライブビュー画面) アートフィルター「トイフォト」にフレームとピンホール効果を適用したところ(ライブビュー画面)

・メニュー画面

撮影メニュー1 撮影メニュー2
再生メニュー アクセサリーポート関連メニュー
ダイヤル関連の設定メニューを備える。回転方向の選択などもE-P2同様に可能 動画ボタンなどに別の機能を割り付けられる
ストロボ同調速度の上限は1/180秒に E-PL1sに引き続きRCフラッシュシステムを利用可能(撮影画面の設定メニュー)

・再生画面

再生画面で詳細情報を表示したところ

鈴木 誠

2011/1/24/ 00:00