【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

キヤノンEOS M【第1回】

小さく軽く、かわいくなったカミサンの愛機である。

Reported by 北村智史


買ってきたのはEOS Mのダブルレンズキット。ボディカラーはカミサンの好みで白である。EF-M 22mm F2 STMとEF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STMの2本のレンズとマウントアダプターEF-EOS M、スピードライト90EXが同梱されている。

 仕事の関係でいろんなメーカーの一眼レフカメラやらミラーレスカメラやらを取っ替え引っ替えしている亭主を横目で見ているからだろう、今年に入ってからというもの、カミサンが小さくてかわいいのが欲しいというようになった。かみさんが今使っているキヤノンEOS Kiss X4は、長期レポートのお下がりで、一眼レフとしては小型軽量ではあるものの、すぐ隣でOLYMPUS PEN E-P3とかをいじってるヤツがいるわけで、必然的にEOS Kiss X4が大きく重く映ってしまう。

 加えて、ミラーレスカメラにはカメラ女子向けのアイテムがいろいろあって、ストラップだとかボディケースだとかでおしゃれを楽しみたいというのもあるらしい。一眼レフ用のボディケースなんてのもあるにはあるが、元のサイズが大きいだけに「かわいくない」のだとか。そんなわけで、小さくてかわいいのが欲しい、のであるらしい。

 機種については、渡りに船的タイミングで発表されたキヤノンEOS Mに、わりとすんなり決まった。これまで2機種だけだがキヤノンを使ってきたこともあるので、操作についての不安が少ないことも大事。うかつにメーカーを変えたりなんかしようものなら、「ねぇねぇ、フォーマットどこ?」「セットアップメニューだよ」「セットアップメニューってどれ?」「スパナのマークのヤツ」「スパナってなに?」みたいな展開になるのは目に見えている。

 実際、発売前夜にチェックしたところ、キヤノンのWebサイトに使用説明書のPDFがアップされていたので、カミサンにもダウンロードさせたまではよかったが、「読まなきゃダメ?」などという。もちろん、理由は「だって、見るより聞いたほうが早いもん」である。家庭内教えてクンなのだ。やっぱ、メーカーを変えるのは危険である。そういう判断もあった。

 まだ少ししかいじっていないから細かい話は今回はやめておくけれど、AFは予想していたよりもゆっくり目の印象。EF-M 22mm F2 STMよりもEF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STMのほうがちょっとは速い感じがしたけれど、コントラスト検出だけで頑張ってるオリンパスに勝ってるかと聞かれたら返事に困る。位相差検出も使ったハイブリッドAFなんだから、もう少し頑張って欲しかったなぁというのが正直な感想だ。

 それはさておき、基本的にはカミサン用としての購入なので、色はカミサンが選んだ白。業界用語でいうところのホワイトである。といっても、シャッターボタンまわりや十字キー、ボタン類も黒だし、左右の側面も黒、グリップ前後の滑り止めパーツも黒なので、パンダっぽい仕上がりである。購入したのは、ズームと単焦点の2本のレンズに加えて、マウントアダプターEF-EOS Mとスピードライト90EXが同梱のダブルレンズキットである。これに、予備のバッテリーとカミサンご所望のストラップである。

 で、購入してすぐに公園のベンチでアンボックスして(プラモデル買って家に帰るのが待ちきれない少年のごとく、である)充電してないバッテリーで大急ぎの初撮りをやってきた。家に帰ってカミサンに手渡したらかろうじて電源だけはオンになったのはいいが、「あれ、画面真っ暗なんだけど?」「キャップ……付いてる」「あっ」って、ちっとも成長してないのね。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像をダウンロード後、800×600ピクセル前後の縮小画像を表示します。その後、クリックした箇所をピクセル等倍で表示します。
  • 縦位置で撮影した写真のみ、無劣化での回転処理を施しています。
カミサンいわく、「うん、いつもどおりの写りだね」だそうな。EOS M / EF-M 22mm F2 STM / 5,184×3,456 / 1/30秒 / F2.5 / 1.3EV / ISO100 / WB:オート / 22mm(35.2mm相当) 35mm相当の広角レンズだが、絞りを開いて寄って撮れば背景はボケてくれる。EOS M / EF-M 22mm F2 STM / 5,184×3,456 / 1/50秒 / F2 / 1.3EV / ISO100 / WB:オート / 22mm(35.2mm相当)
曇天の木陰なので、少し青みが出やすい条件。でも、オートホワイトバランスが大こけしないあたりはキヤノンならでは。EOS M / EF-M 22mm F2 STM / 5,184×3,456 / 絞り優先AE / 1/15秒 / F2 / 0.0EV / ISO100 / WB:オート / 22mm(35.2mm相当) 斜面に生えていた木の根もとを、うんとアンダーに振って撮ってみた。EOS M / EF-M 22mm F2 STM / 5,184×3,456 / 絞り優先AE / 1/80秒 / F2.8 / -2.3EV / ISO400 / WB:オート / 22mm(35.2mm相当)
標準ズームレンズには手ブレ補正機構が内蔵されている。なので、F値が暗くても手持ちでなんとか撮れる。EOS M / EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM / 5,184×3,456 / 絞り優先AE / 1/20秒 / F5.6 / -1.7EV / ISO400 / WB:オート / 55mm(88mm相当) 女の子だそうです。わざわざ書かなくてもよさそうな気はするけれど、秋にすごい匂いがするよって印かもしれない。EOS M / EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM / 5,184×3,456 / 絞り優先AE / 1/100秒 / F5.6 / −0.7EV / ISO400 / WB:オート / 55mm(88mm相当)
天気予報は晴れだったのに撮影に出るとドン曇り。ということもあって、感度をISO400にアップしている。EOS M / EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM / 5,184×3,456 / 1/80秒 / F5.6 / 0.3EV / ISO400 / WB:オート / 24mm(38.4mm相当) 大きなボケが楽しめるAPS-Cサイズセンサーとはいえ、F5.6の標準ズームではこの程度。交換レンズの拡充は今後の課題だ。EOS M / EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM / 5,184×3,456 / 1/40秒 / F5.6 / 1.3EV / ISO400 / WB:オート / 55mm(88mm相当)
さすがに単焦点レンズだけあって、歪曲収差はほとんどない。気持ちのいい写りだ。EOS M / EF-M 22mm F2 STM / 5,184×3,456 / 1/125秒 / F5 / 0.3EV / ISO400 / WB:オート / 22mm(35.2mm相当) 雲の隙間からちょっとだけ見えた青空。ピクチャースタイルオートはこういうときにしっかり色が乗る。EOS M / EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM / 5,184×3,456 / 1/320秒 / F11 / 0.3EV / ISO400 / WB:太陽光 / 37mm(59.2mm相当)





北村智史
北村智史(きたむら さとし)1962年、滋賀県生まれ。国立某大学中退後、上京。某カメラ量販店に勤めるもバブル崩壊でリストラ。道端で途方に暮れているところを某カメラ誌の編集長に拾われ、編集業と並行してメカ記事等の執筆に携わる。1997年からはライター専業。2011年、東京の夏の暑さに負けて涼しい地方に移住。

2012/10/1 14:21