【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

デジカメドレスアップ主義:【特別編】ありそうでなかったミラクルアダプター

ソニーNEX-5 + マイクロフォーサーズ用交換レンズ/マウントアダプター
Reported by 澤村徹

  • ボディ:ソニーNEX-5(ブラック)
  • レンズ:フォクトレンダーNOKTON 25mm F0.95
  • マウントアダプター:Hawk's Factory M4/3 MICRO FOUR THIRD MOUNT TO SONY NEX E-MOUNT ADAPTER
※この記事を読んで行なった行為によって生じた損害はデジカメWatch編集部、澤村徹および、メーカー、購入店もその責を負いません。また、デジカメWatch編集部および澤村徹は、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

 上の写真を見て、瞬時に違和感を感じた人はなかなかの事情通といえるだろう。ソニーNEX-5とNOKTON 25mm F0.95の組み合わせは、一見するとフルブラックの端正なセットアップだ。しかし、よく考えてみてほしい。Eマウントボディにマイクロフォーサーズ専用MFレンズが付いているのだ。M4/3 TO NEXというありそうでなかった夢のセットアップ、これを実現したがHawk's Factoryのマウントアダプターである。

 Hawk's Factoryは台湾のマウントアダプターメーカーで、アリフレックス、カメフレックス、ロボットなど、ミラーレス機向けのレアなマウントアダプターを得意としている。オールドレンズファンの間では名の通ったメーカーだ。現在のところ日本国内での取り扱いはなく、今回取り上げるM4/3 TO NEXアダプターはeBay経由で購入したものだ。

Hawk's FactoryのM4/3 TO NEXアダプターはeBayで購入した。本体は89ドルで、送料は7ドルだ ロック機構はアダプター内周にレバーを這わせ、小さなスプリングが組み込んである

 NEXが登場した当初から、マイクロフォーサーズ用レンズを付けるマウントアダプターは要望があった。マイクロフォーサーズの登場でオールドレンズとマウントアダプターがブームになり、NEXはAPS-Cのオールドレンズ用ボディとして一部の注目を集める。しかし、NEX用に改めてマウントアダプターを買い揃えるのはけっこうな出費だ。もしM4/3 TO NEXのブリッジアダプターが登場すれば、マイクロフォーサーズ用のマウントアダプターをすべてNEXで流用できる。NEXとマイクロフォーサーズをクロスオーバーさせるドリームアダプターというわけだ。

 このようにM4/3 TO NEXアダプターはユーザー待望のアダプターだが、登場するまでに思いのほか時間がかかった。その理由として考えられるのは、M4/3 TO NEXアダプターがマウントアダプターメーカーにとって諸刃の剣だからだ。マイクロフォーサーズ用アダプターが流用できるということは、NEX用アダプターの売り上げに少なからず影響する。M4/3 TO NEXアダプターはある種のパンドラの箱なのだ。

 その一方で、技術的な難しさも挙げられるだろう。マイクロフォーサーズのフランジバックは約20mm(一部では19.3mmと言われている)、NEXのEマウントは18mmだ。その差は1mm強しかない。しかもともにバヨネット式マウントなので、薄いアダプターにロック機構を組み込む必要がある。Hawk's FactoryのM4/3 TO NEXアダプターは、こうした難問をクリアして登場した製品だ。今回はこのM4/3 TO NEXアダプターに様々なレンズを付け、動作と使用感をチェックしてみよう。

・マイクロフォーサーズ用AFレンズ

 まずはじめにマイクロフォーサーズ用AFレンズを付けてみた。パナソニックとオリンパスのいわゆる純正マイクロフォーサーズレンズだ。アダプター経由だとAFが効かないのはもちろんだが、これらのレンズは絞りとピント合わせも電子制御しているため、撮影がままならない。装着自体は可能だが、基本的には撮影不可と考えた方がよいだろう。

パナソニックのLUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.を装着してみた。見た目はよいが、絞りもピント合わせも効かない このレンズはピントリングがついているが、調節自体は電子制御なので、リングを動かしてもピント合わせできない

・マイクロフォーサーズ用MFレンズ

 次にマイクロフォーサーズ用MFレンズとしてフォクトレンダーのNOKTON 25mm F0.95を付けていた。MFレンズなので手動の絞りリングとピントリングがあり、普段通りに実絞りで撮影できる。ただし、マイクロフォーサーズはNEXよりもレンズのイメージサークルが狭いため、開放絞りから四隅にケラレが発生した。また、無限遠が開放ではわずかに甘く、F5.6あたりでピントがくる印象だ。

レンズの取り付けに若干遊びがあり、ピントリングなどをまわすとレンズが左右に動いてしまう MFレンズはピントと絞りを手動で調節するため、マウントアダプター経由でも支障なく撮影できる
  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなしの画像(JPEG)を別ウィンドウで表示します。
開放から四隅がケラレているのがわかる。また、無限遠も開放だとわずかに甘い
NEX-5 / NOKTON 25mm F0.95 / 4,592×3,056 / 1/4,000秒 / F0.95 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 25mm
F5.6まで絞ると無限遠でしっかりとピントが合う。フランジバック調整に多少厚みを持たせてあるようだ
NEX-5 / NOKTON 25mm F0.95 / 4,592×3,056 / 1/500秒 / F5.6 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 25mm

・日本製ライカMマウントアダプター

 今度はブリッジアダプターとしての実用性を見ていこう。要はマイクロフォーサーズ用マウントアダプターを重ねた際の動作チェックだ。はじめに日本製のレイクオールLeicaM-M4/3を試してみた。レイクオールのマウントアダプターは精度の高さに定評がある。無限遠できっちりとピントが合い、初心者にも使いやすいアダプターである。M4/3 TO NEXアダプターと組み合わせてみたところ、開放では無限遠が甘く、F4〜F5.6あたりでピントが合ってくる。M4/3 TO NEXアダプターは無限遠が若干甘い仕様なので、そのためだろう。見方を変えると、レイクオール LeicaM-M4/3がライカMレンズにとってジャストなフランジバックをキープしている証拠だ。

マウントアダプターを2枚重ねしているが、レンズの取り付け、取り外しは普段通り行なえる レイクオールはLeicaM-M4/3は1万9,950円。無限遠の勘所を心得た高精度なマウントアダプターだ
  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなしの画像(JPEG)を別ウィンドウで表示します。
開放時の無限遠撮影はわずかにピントが甘い。四隅のケラレは発生していない
NEX-5 / ズミクロン35mm F2 RF / 4,592×3,056 / 1/2,500秒 / F2 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 35mm
F5.6まで絞れば無限遠でカッチリとピントが合う。四隅もクリアで気持ちよい
NEX-5 / ズミクロン35mm F2 RF / 4,592×3,056 / 1/500秒 / F5.6 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 35mm

・中国製Cマウントアダプター

 昨今は中国製のマウントアダプターがずいぶんと増えてきた。中国製アダプターの特徴のひとつは、オーバーインフ気味に設計された製品が多い点だ。このオーバーインフ気味のアダプターをM4/3 TO NEXアダプターと組み合わせるとどうなるだろう。RJ Camera製のCマウントアダプターを組み合わせたところ、開放からほぼジャストで無限遠が出た。今回入手したM4/3 TO NEXアダプターは無限遠が甘かったものの、オーバーインフ気味のアダプターとの組み合わせではそれが幸いしたことになる。RJ Cameraのアダプターはオーバーインフ気味のものが多いので、M4/3 TO NEXアダプターの良きパートナーになってくれそうだ。

NEXはマイクロフォーサーズよりもイメージセンサーが大きいので、イメージサークルの広いスイター50mm F1.4を合わせてみた RJ Camera製のマイクロフォーサーズ用Cマウントアダプターは、muk selectで取り扱いがある。価格は4,500円
  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなしの画像(JPEG)を別ウィンドウで表示します。
開放絞りから問題なく無限遠が出る。周辺光量落ちでうっすらと四隅が暗くなっている
NEX-5 / スイター50mm F1.4 / 4,592×3,056 / 1/3,200秒 / F1.4 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 50mm
F5.6まで絞ると無限遠のシャープさが増す。わずかにケラレが見えるが、シネレンズとしてはイメージサークルは広い部類だ
NEX-5 / スイター50mm F1.4 / 4,592×3,056 / 1/320秒 / F5.6 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 50mm


(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。カメラならびにデジタル関係を得意するフリーライター。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、ひと癖あるカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。近著は「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1カスタムブック」「GR DIGITALカスタムブック」(ともに翔泳社)他。http://metalmickey.jp

2011/1/20 00:00