フォトアプリガイド

PhotoDirector レタッチソフト(Android)

スポイトでWB調整。オブジェクト消去も可能な画像処理アプリ

今回紹介する「PhotoDirector レタッチソフト」(以下、PhotoDirector)は、動画再生ソフト「PowerDVD」シリーズで知られるサイバーリンクの画像編集アプリだ。

価格は無料。

「PhotoDirector」は、回転や切り抜きといった基本編集機能のほか、不要な被写体の除去にも対応した画像編集アプリだ。まずは画像を取り込もう。

画像を取り込んだら、画面下部の編集ツールをタップして編集を行なう。

リドゥ・アンドゥ(元に戻す/やり直し)や元画像の表示アイコンなども表示される。特に、元画像の表示は、タッチしている時間だけ表示される機能なので覚えておこう。

「基本編集」では、切り抜きと回転機能が呼び出せる。

「除去」は、画像の不要要素を取り除く機能。例えば、道端のゴミだけを除去したいといった場合に利用できる。

利用方法もわかりやすく、消したい部分を直接タッチして指定するだけ。余計な部分を指定してしまった場合は範囲の取り消しを行い、「適用」をタップして除去を確定させる。なお、画面をタッチすると拡大表示されるので、細かな調整・指定が可能だ。

「エフェクト」は、エフェクト要素を追加する機能だ。任意の効果を指定したら、画面を左右にスライドすることで効果の強度を調整できる。

「調整」では、ホワイトバランスや色調、彩度などが調整できる。

特に注目したいのが「ホワイトバランス」だ。ホワイトバランスでは、「AUTO」を使った自動調整のほか、スライダーを使った調整が行なえる。

なお、「色温度」の調整だけでなく、「色かぶり」の調整も可能。Android端末の場合、かぶりが特に酷い機種があるので、実際に使用するかどうかは別として面白い機能だと思う。

「スポイト」は、“グレーであるべきピクセル”を選択して自動補正する機能。PC用の編集ソフトではよく目にする機能だが、スマホ用の編集アプリでは珍しい。

すべての編集が終わったら、「共有」をタップする。このタイミングで画像が保存されるので、表示されたリストの中から、共有先を指定しよう。

なお、本アプリは無料なのだが、その分広告が表示される。表示タイミングや場所に関しては編集に極めて影響しないので、そういった意味ではかなり好印象だ。

それでも気になる人は、「設定」から「フルバージョンにアップグレード」(アプリ内課金)を利用しよう。価格は510円。広告が除去されるだけでなく、編集解像度に2,560×1,920を指定できるようになる。

「PhotoDirector」は、無料で使える画像編集アプリでありながら、“除去”が可能であるなど、多様な編集機能を備えているのがポイントだ。広告表示も気にならない位置にあるし、アプリ内課金によって外すこともできる。

ホワイトバランスや色調は、ワンタップによって補正できるため、初心者でも安心して利用できるだろう。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。