ニュース

DJI、ドローンの機体保険を提供

操作ミスや突風による損傷、盗難など向け

DJIのコンシューマー向け最新ドローン「Phantom 4」

DJI JAPANは3月24日、三井住友海上火災保険と提携したドローン機体保険「動産総合保険」の提供を開始した。取扱代理店はエアロエントリー。

操作ミスや突風に煽られ機体が損傷した際に発生する修理費用や、機体が盗難に遭うなど買替費用が発生した場合に備えた保険。ユーザー個人ではなくDJI JAPANを契約者とすることで、スケールメリットを活かした保険料水準を実現したとする。

DJIではこれまで、賠償事故に備える「ドローン無償付帯賠償責任保険」を提供しており、さらに保険の充実を図る。

3つのプランを用意する。

「プランA」(年間保険料は保険金額の5%)は、基本補償のみにして保険料を抑えたエコノミープラン。

「プランB」(同6%)は、基本補償+臨時費用保険金のスタンダードプラン。

「プランC」(同7%)は、基本補償+臨時費用保険金+代替機賃借費用保険金のワイドプラン。

保険金額とは、対象となるドローンの新価。基本保証は、修理費、買い換え費、捜索・回収費を保証。臨時費用保険金は、事故の際の臨時出費に充てる費用。なお、すべてのプランにおいて補償は新価で行われる(復旧を行わなかった場合は時価)。

(本誌:武石修)