ニュース

カシオ、スマホと常時接続する「EXILIM EX-ZR3100」

手前から奥までピントが合う「全焦点マクロ」機能搭載

カシオは、コンパクトデジタルカメラ「EXILIM EX-ZR3100」を3月17日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は税込5万5,000円前後の見込み。ホワイトとブラックを用意する。

専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetooth Smartで常時接続することで、撮影画像をすぐに転送できる「エクシリム オートトランスファー」を搭載するのが特徴。QRコードで画像を共有できる「ワンタイムシェア」機能も利用可能。Wi-Fi機能も搭載する。

撮像素子は有効1,210万画素の1/1.7型裏面照射型CMOSセンサー。最高感度はISO6400、HSナイトショット時はISO25600。フルHD動画も撮影可能。

レンズは35mm判換算での焦点距離25-300mm、F2.8-F6.3の12倍ズーム。手前から奥までピントが合った写真が撮れる「全焦点マクロ」機能も搭載する。

液晶モニターは約92万ドットの3型。上180度にチルトできる。記録メディアはSDXC/SDHC/SDカードおよび内蔵メモリー(27.6MB)。

電源はリチウムイオン充電池「NP-130A」。撮影可能枚数は約425枚。

外形寸法は108.3×61.5×36.7mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は約249g。