ニュース

富士フイルム、Xマウントレンズの最新ロードマップを公開

XF 35mm F2 R、XF 120mm F2.8 R Macro、1.4xテレコンが加わる

富士フイルムは2月10日、Xマウントレンズの最新ロードマップを公開した。新たに「XF 35mm F2 R」、「XF 120mm F2.8 R Macro」、「1.4xテレコンバーター」の3本が加わった。2015年〜2016年に掛けて発売する。

XF 35mm F2 Rは、53mm相当(35mm判換算)となる標準レンズ。小型・軽量なほか、高速AFを実現した。2015年下半期の発売を予定。同焦点距離のレンズでは「XF 35mm F1.4 R」が発売済み。

XF 120mm F2.8 R Macroは、Xシリーズ用で初となる等倍マクロレンズで、180mm相当(35mm判換算)となる。2016年下半期の発売を予定。なお、マクロレンズとしては「XF 60mm F2.4 R Macro」が発売済み。

1.4xテレコンバーターは、Xマウントレンズ用で初めてのテレコンバーター。発売済みの「XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR」に使用すれば焦点距離を70mm〜196mm(35mm判換算106mm〜299mm相当)に伸ばせる。開放F値は1段暗くなる。今後発売する「XF100-400mm」や「XF120mmF2.8 R Macro」にも使用できる。2015年下半期の発売予定。