ニュース

SIGMA 150-600mm F5-6.3|Contemporaryの価格が決定

シグマは2月10日、開発発表した「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM|Contemporary」に関する情報を更新した。

発売日は引き続き未定だが、価格は税別15万円に決まった。対応マウントはキヤノン用、シグマ用、ニコン用。当初の開発発表時にあったソニー用は対応リストから外れている。

レンズ内手ブレ補正機構(OS)は、一般撮影に適するモード1、流し撮りに向くモード2を搭載する。モード2では加速度センサーと新アルゴリズム「Intelligent OS」により、構図の縦横を問わず、カメラを斜めに振っても手ブレ補正が有効に働くという。

また、レンズ重量が1,930g(シグマ用。三脚座を外してラバー製カバーを付けると1,830g)に決まった。そのほか、外観や基本仕様に大きな変更は見られない。

フード装着時
三脚座のかわりにラバー製リングを装着したところ

レンズ構成は14群20枚。フィルター径は95mm。最短撮影距離は280cm。絞り羽根は9枚(円形絞り)。最大撮影倍率は1:4.9(当初の発表は1:5)。最大径×全長は105×260.1mm。

レンズ構成図

2014年9月に同社は、「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM|Sports」と「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM|Contemporary」の2本を開発発表。Sportsタイプのみ、2014年10月に税別25万9,000円で発売済み。