ニュース

リコーイメージング、スマートフォンの画質を認証する「GR certified」ロゴを発表

認証第1号はドコモのシャープ製スマートフォン

リコーイメージング株式会社は9月30日、スマートフォンなどモバイル機器開発メーカーを対象とする「GR certified」プログラムの開始したと発表した。搭載カメラの画質を評価し、規定を満たした製品に「GR certified」ロゴの使用権を与えるもの。

リコーブランドの高級コンパクトカメラ「GR」にちなんだもので、GRシリーズの開発メンバーが参加しているという。ただし、コンパクトデジタルカメラの「GR」と同レベルの画質を保証するものではない。

認証第1号は、9月30日に発表されたドコモのシャープ製スマートフォン2製品。「ドコモスマートフォンAQUOS ZETA SH-01G」および「ドコモスマートフォンDisney Mobile on docomo SH-02G」。

ドコモスマートフォンAQUOS ZETA SH-01G

GR certifiedプログラムは、スマートフォンなどモバイル機器のカメラについて、画質のコンサルティング、審査、認証を有償で行なうプログラム。設定基準を満たした製品はリコーイメージングが「GR certified」として認証し、「GR certified」ロゴが提供される。

リコーイメージングでは「GR certified」ロゴについて、「当社が第三者機関として高画質なカメラ機能を備えたモバイル機器であることを認めた証」と説明している。

コンサルティング対象期間は、カメラモジュール開発から対象機器の開発完了まで。

「GR Quality Regulation For Mobile」における評価ポイントは、光学性能(各種収差、MTF、ゴースト・フレアなど)、画質特性(鮮鋭度、ノイズ処理など)、製造特性(製造上のばらつき収束など)。