ニュース

Samsung、EVF内蔵ミラーレスカメラ「NX1」

UHS-II、802.11ac、UHD動画などの先進機能も

Samsungは15日(ドイツ・ケルン現地時間)、ミラーレスカメラ「NX1」を発表した。同社ラインナップの上位モデル。

NXマウントを採用するEVF内蔵タイプのミラーレスカメラで、一眼レフカメラを思わせるスタイリングとなっている。外装にはマグネシウム合金を使用。防塵防滴仕様でもある。

撮像素子はAPS-Cサイズ相当の有効2,820万ピクセル裏面照射型CMOSセンサー。感度はISO100〜25600。拡張感度で51200が利用可能。

画像処理エンジンは新開発のDRIMe V Image Processor。

高速性能としては、AF連動で15コマ/秒の連写、205ポイントの位相差AF、1/8,000秒の高速シャッターなどを備えている。

4K(24fpsのみ)およびUHD(30fpsのみ)の動画記録が可能。UHDはフルHDの4倍の解像度となる。圧縮形式はH.265/HEVC。

Wi-Fi機能はIEEE 802.11acにも対応。NFC、Bluetooth 3.0も内蔵している。

同時発表の新レンズ「50-150mm F2.8 S ED OIS」を装着

EVFは236万ドットのXGA OLED。表示タイムラグは0.005秒。

背面モニターはチルト式で、3型FVGA(720×480ピクセル)、103万6,000ドットのSuper AMOLEDを採用する。

記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード。UHS-Iに加え、UHS-IIをサポートする。

外形寸法は138.5×102.3×65.8mm。質量は550g(バッテリーなし)。縦位置グリップも別売で用意される。