ニュース

MECABLITZマクロストロボに、アダプターリング全部入りキット

 ケンコー・トキナーは、マクロストロボ「MECABLITZ(メカブリッツ) 15MS-1 digital」をベースに、別売のアダプターリングなどを標準で添付した「MECABLITZ 15MS-1 digital KIT」を発売する。発売日は9月20日。価格は5万7,540円。

 ドイツMETZ社のMECABLITZ 15MS-1 digitalは、レンズ先端に取り付けるマクロストロボのひとつ。カメラの内蔵ストロボの発光で動作するスレーブタイプの製品で、対応機種の幅広さや、ワイヤレスのすっきりした見た目を特徴とする。

 モード切替により、キヤノンE-TTL、ニコンi-TTL、ソニーADI、ペンタックスP-TTL、フォーサーズのTTLに対応する。

 今回発売されたKITは、レンズ先端に取り付けるためのアダプターリングがセットになっているのが特徴。これまでも52mm、55mm、58mmのアダプターリングが付属していたが、KITでは別売だった62mm、67mm、72mmのアダプターリングが同梱される。KITを購入することで、すべてのアダプターリングが揃うことになる。

 またKITには、同じく別売のシンクロコードも付属する。

 ガイドナンバーは15(50mm時)。

 外寸は133×144×38mm。質量は約190g(電池別)。