ニュース

キヤノン、バリアングル液晶搭載の「EOS Kiss X7i」

 キヤノンは、バリアングル液晶モニター搭載のエントリー一眼レフカメラ「EOS Kiss X7i」を4月下旬に発売する。価格はオープン。

 店頭予想価格は、ボディのみ9万円前後、「EOS Kiss X7i・EF-S18-55 IS STM レンズキット」が約10万円前後、「EOS Kiss X7i・EF-S18-135 IS STM レンズキット」が約13万円前後。

EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STMレンズキット
EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STMレンズキット

 同時発表の「EOS Kiss X7」(別記事を参照)とともに、エントリークラスEOS Kissシリーズの一翼を受け持つデジタル一眼レフカメラ。X7が小型軽量を旨としたモデルなら、本機はワンランク上の充実した機能を求めるユーザーが対象という。

 ボディは「EOS Kiss X6i」とほぼ同一ながら、塗装が粗めになったことで上級感が増した。また、モードダイヤルの文字およびアイコンが印刷から金属加工処理となったほか、モードダイヤル側面にピラミッド型のパターン処理が施されるなど、X6iとの細かな違いが見られる。

 3型約104万ドットのバリアングル液晶もX6iから継承する。X7は3型104万ドットの固定式。AF測距点の全9点がクロスセンサーであるのも、X7にないX7iの強みだ。

 連写性能もX7の約4コマ/秒に対し、約5コマ/秒を維持している。

 ただしファインダーはX7に搭載された約0.87倍の新タイプではなく、X6iと同様の約0.85倍に据え置かれた(ともに50mmレンズ、無限遠、-1m)。視野率は上下左右とも約95%、アイポイントは約19mm。

 また、X7は撮像面AF範囲の面積を広げた「ハイブリッドCMOS AF II」を新たに採用するのに対し、本機はX6iと同等の「ハイブリッドCMOS AF」にとどまっている。

 X6iからの進化点は、ライブビュー時におけるクリエイティブフィルターで、効果を確認しながら撮影できるようになったこと。

 また、夜景ポートレート、手持ち夜景、HDR逆光補正をまとめた「スペシャルシーン」(SCN)ポジションがモードダイヤルに設けられた。

 レンズキットに付属する18-55mmレンズが、ステッピングモーター搭載のEF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STMになったものトピック。ライブビュー時や動画記録時のAFがスムーズになる。特に、動画サーボAF対応のEOSとの組み合わせで、威力を発揮するという。

 最大撮影倍率も0.34倍から0.36倍に向上している。

 また従来の18-55mmキットレンズと異なり、フォーカス時に前玉枠が回転しないことから、誤って前玉枠に触れてもフォーカスが変わらないという利点を持つ。フォーカス後のPLフィルター操作も容易になる。

 撮像素子はAPS-Cサイズ相当(約22.3×14.9mm)、有効約1,800万画素のCMOSセンサー。映像エンジンはDIGIC 5。

 キヤノンEFマウントを採用し、EF-Sレンズを含むEFレンズが使用可能(EF-Mレンズを除く)。有効撮影画角は、表記焦点距離の約1.6倍に相当する。

バッテリーグリップBG-E8を装着
GPSユニットGP-E2を装着
スピードライト270EX IIを装着
スピードライト320 EX IIを装着
製品名 EOS Kiss X7i EOS Kiss X6i
撮像素子 APS-Cサイズ相当CMOSセンサー
有効画素数 約1,800万
感度 ISO100-25600(拡張設定含む)
18-55mmキットレンズ 新STMタイプ 従来品
ファインダー視野率 上下左右とも約95%
ファインダー倍率
(50mmレンズ使用時)
約0.85倍
アイポイント 約19mm
液晶モニター 3型約104万ドット
バリアングル
タッチパネル
最高シャッター速度 1/4,000秒
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード(UHS-I対応)
連写速度 最大約5コマ/秒
クリエイティブフィルター 撮影時確認○ 撮影時確認×
動画記録 MPEG-4 AVC/H.264(最高1080/30p)など
バッテリー LP-E8
撮影可能枚数 約440枚
約133.1mm
高さ 約99.8mm
奥行き 約78.8mm
質量 約580g 約575g

※撮影可能枚数は光学ファインダー使用時
※質量はバッテリー、記録メディア含む