ニュース

キヤノン、APS-Cデジタル一眼レフで世界最小の「EOS Kiss X7」

 キヤノンは、APS-Cセンサー採用のデジタル一眼レフカメラで世界最小最軽量という「EOS Kiss X7」を4月下旬に発売する。

 価格はオープン。店頭予想価格は、ボディのみが約8万円前後、「EOS Kiss X7・EF-S18-55 IS STMレンズキット」が約9万円前後、「EOS Kiss X7・ダブルズームキット」が約12万円前後の見込み。

装着レンズは、レンズキットに付属するEF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM

 レンズキットには新レンズの「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM」が付属。ステッピングモーターのSTM機構を採用することで、ライブビューや動画時のAFがスムーズになっている他、AFでピントを合わせたあとにMF操作が可能なフルタイムマニュアルフォーカス機構を搭載している。また、AF時に前玉が回転しなくなったため、フォーカス変更後にPLフィルターの再調整が必要なくなるなど、エントリークラスのキットレンズとしては大幅に機能が強化されている。

 ダブルズームキットには「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM」に加え、望遠ズームレンズの「EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II」が付属する。

 従来のEOS Kissシリーズから、より一層の小型ボディを実現したデジタル一眼レフカメラ。はじめて一眼レフカメラを購入するエントリー層のうち、大きさ・重さを重視する女性や、中高年層などのニーズを汲んだという。

 キヤノンでは、「APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラとして世界最小最軽量」としている。

 既存モデルのEOS Kiss X6i、EOS Kiss X5、EOS Kiss X50は併売される。EOS Kiss X7i(別記事を参照)、EOS Kiss X7の投入により、キヤノンのエントリーモデルは計5機種となった。

 ボディの外径寸法は約116.8×90.7×69.4mm、質量は約407g(CIPA規格準拠、バッテリー、記録メディア含む)、約370g(本体のみ)。小型化を追求しつつ、ホールド感や操作性についても配慮したという。

 撮像素子はAPS-Cサイズ相当(約22.3×14.9mm)、有効約1,800万画素のCMOSセンサー。キヤノンEFマウントを採用し、EF-Sレンズを含むEFレンズが使用可能(EF-Mレンズを除く)。有効撮影画角は、表記焦点距離の約1.6倍に相当する。

 映像エンジンはDIGIC 5。

 ファインダーはペンタダハミラー式。フォーカシングスクリーンは固定式。ファインダー視野率は上下左右約95%。ファインダー倍率は約0.87倍(50mmレンズ、無限遠、-m時)。EOS Kiss X6i(2012年6月発売)までの約0.85倍から向上した。

 その他、従来モデルからの進化点としては、ライブビュー撮影時の撮像面AF可能範囲が大幅に広がった。X6iはライブビュー映像表示範囲に占める撮像面AFエリアが画面内の横約38%、縦約26%がAF可能範囲だった。X7ではそれが縦横ともに約80%に拡大している。

 また、撮影モードダイヤルにはスペシャルシーンモード(SCN)ポジションが設けられた。いわゆるシーンモードで、「キッズ」「料理」「キャンドルライト」が増えている。

 クリエイティブオートモードでは、1度の撮影でエフェクトあり/なしの2枚の写真が記録可能になった。通常撮影の写真に加え、ピクチャースタイル(「スタンダード」「ニュートラル」など)、表現セレクト(「くっきりと鮮やかに」など)、クリエイティブフィルター(「油彩風」「ソフトフォーカス」など)のいずれかが適用された写真が記録される。

 そのうちクリエイティブフィルターは、撮影時に効果を確認しながら撮影することが可能になった。また、動画記録時にクリエイティブフィルターのひとつ「ジオラマフィルター」が適用できるようになったのも今回から。

 最高シャッター速度は1/4,000秒。エントリークラス初の静音撮影が可能となっている。

 以上の主な新機能は、同時発表のEOS Kiss X7i(別記事を参照)にも共通して搭載されている。

EFレンズ最小のEF 40mm F2.8 STMとの組み合わせ例

 ちなみに、ボディ以外のX7とX7iの主な違いは、液晶モニターとAFセンサー。

 液晶モニターはどちらもアスペクト比3:2の3型約104万画素だが、X7iはバリアングル液晶モニター、X7は固定式液晶モニターを採用する。

 AFセンサーはクロスセンサーの数が異なる。X7iは9点すべてがクロスセンサー、X7が中央1点のみ。

スピードライト270EX IIを装着
スピードライト320 EX IIを装着
GPSユニットGP-E2を装着
製品名 EOS Kiss X7 EOS Kiss X7i
撮像素子 APS-Cサイズ相当CMOSセンサー
有効画素数 約1,800万
感度 ISO100-25600(拡張設定含む)
ファインダー視野率 上下左右とも約95%
ファインダー倍率
(50mmレンズ使用時)
約0.87倍 約0.85倍
アイポイント 約19mm
液晶モニター 3型約104万ドット
バリアングル -
タッチパネル
最高シャッター速度 1/4,000秒
静音撮影 -
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード(UHS-I対応)
連写速度 最大約4コマ/秒 最大約5コマ/秒
動画記録 MPEG-4 AVC/H.264(最高1080/30p)など
バッテリー LP-E12 LP-E8
撮影可能枚数 約380枚 約440枚
約116.8mm 約133.1mm
高さ 約90.7mm 約99.8mm
奥行き 約69.4mm 約78.8mm
質量 約407g 約580g

※撮影可能枚数は光学ファインダー使用時
※質量はバッテリー、記録メディア含む

(本誌:折本幸治)