【 2014/10/24 】
【 2014/10/23 】
【 2014/10/22 】
【 2014/10/21 】
【 2014/10/20 】

【フォトキナ】ハッセルブラッドがEマウント機「Lunar」をコンセプト展示

〜中判デジタルカメラの新製品「H5D」も

 フォトキナ2012のハッセルブラッドブースは、9月18日に提携を発表したソニーのEマウントカメラをベースにしたミラーレス機「Lunar」(ルナ)のプロトタイプを展示し注目を集めていた。

 LunarはソニーEマウント機をベースとしたミラーレスのレンズ交換式デジタルカメラ。今回展示したプロトタイプは、EVF、チルト式液晶モニター、本体上面の2つのダイヤルなど、ソニーNEX-7の特徴を受け継いでいる。製品化にあたりカメラ内部の仕様はまだ未定とのことだが、カメラの外観イメージや製品コンセプトは今回展示したプロトタイプで固まっているそうだ。

展示していたプロトタイプの一例

 モデル名は、2012年はハッセルブラッドのカメラが月に行ってから50年を迎えたことに由来して「Lunar」(月)とした。ブースにはスペースカメラ関連の展示もあり、同社の歴史を印象づける雰囲気作りがなされていた。

スペースカメラの展示

 製品コンセプトとしては、外観パーツを任意に組み合わせて「好きなスタイルで楽しんでもらう」ことを重視しているという。ブースには数多くのパターンのプロトタイプが用意されており、来場者の目を楽しませる。トップカバーはゴールドやクローム仕上げもあり、一部ボタンにスワロフスキーを埋め込むなど、ラグジュアリーな雰囲気を漂わせていた。

Lunarのデザインに関するパネル展示 選べるパーツの見本
グリップ部も様々なテクスチャーの素材を用意。木型についたグリップが“手仕事感”を強調する 電源レバーや動画ボタンの部分にスワロフスキーを埋め込んでいる
ストラップ取り付け部はHシステムのそれを採用。同社カメラの伝統をアピールする トップカバーはゴールドだけで4種類を用意
カラーコーディネートの例も

 Lunarは2013年に発売予定。価格については「5,000ユーロ」としていたが、この価格がどのパーツ素材を用いたボディなのか、レンズが付属するかどうかも現状では未定という。

ハッセルブラッドのカメラバッグもあった。イタリア製
トップカバーのひんやりとした手触りが印象的

 別コーナーでは中判デジタルカメラ「H5D」を展示。ファインダーを取り付けたままバックが交換可能になったほか、JPEG同時記録に対応した。価格は未定。2012年の終わりから出荷開始の見込みとしていた。

 また、H4Dからファインダー上部の形状、グリップ部分の表示パネル周り、CFスロットがダブルアクションになるなどの変更点がある。ソフト面では、撮影後に拡大表示でピントを確認できる「クイックフォーカスチェック」を搭載。メニューUIも変わった。

H5D。装着している24mmレンズも新製品

(本誌:鈴木誠)

2012/9/22 07:07