【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ソニー、“24Mピクセル” “10コマ/秒”のエントリークラス「α65」


 ソニーは、エントリークラスのレンズ交換式デジタルカメラ「α65」を10月14日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は、ボディのみ9万5,000円前後、ズームレンズキットが10万円前後、ダブルズームレンズキットが12万円前後。


製品名 付属レンズ 店頭予想価格
α65 - 95,000円前後
α65ズームレンズキット
(SLT-A65VK)
DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM 100,000円前後
α65ダブルズームレンズキット
(SLT-A65VY)
DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM
DT 55-200mm F4-5.6 SAM
120,000円前後

α65ズームレンズキット α65ダブルズームレンズキット

 同時発表の上位機種「α77」と従来製品の「α55」の中間に位置する製品。ソニーではエントリークラスとして訴求する。α77との共通要素は、撮像素子、EVF、GPS機能など。

 ハーフミラーを利用して位相差AFユニットに光を導く「トランスミラーテクノロジー」を採用。ミラーのアップダウンを省略できるため、高速連写に秀でている。連続撮影速度はα55と同等の約10コマ/秒。α77は約12コマ/秒。

 撮像素子はα77と同じく、有効約2,430万画素“Exmor” APS HD CMOSセンサーを搭載。感度はISO100-16000。AVCHD Ver.2.0対応の動画機能もα77と同等で、1,980×1,080ピクセルでの60p記録、24p記録、マニュアル設定などが行なえる。イメージセンサーシフト式の手ブレ補正機構も搭載する。

α55、α33、α77に続くトランスミラーテクノロジーを採用 ストロボをポップアップさせた状態

 EVFには、α77同様「XGA OLED Tru-Finder」を採用している。0.5型の有機ELで、総ドット数は235万9,296ドット。倍率は約1.09倍(50mmレンズ装着時)。アイポイントは、最終光学面から約27mm、接眼枠から約22mm。α55のEVFより約10倍の高コントラスト化を実現したという。視野角は約33.3度。「α900に匹敵する見やすさ」としている。ファインダー内でのピーキング表示も可能。マウント脇のプレビューボタンを押すと、ファインダー内にボケ具合、シャッター速度、Dレンジオプティマイザーの効果が反映されるのも新機能だ。

 液晶モニターは、α55と同様のバリアングルチルト式。3軸チルト可動式のα77のように、前後へ引き出しての大きな動きは行なえない。

3型約92万ドットのバリアングルチルト式液晶モニターを搭載

 AFセンサーもα77と異なる。α77は11点クロスの19点AFセンサーだが、α65はα55と同等の3点クロスの15点AFセンサーとなっている。内蔵ストロボのガイドナンバーも、α77は12、α65は10といった違いが見受けられる。

 外形寸法は約132.1×97.5×80.7mm。α77より幅約10.5mm、高さ約6.5mm、奥行き約0.2mmのサイズダウンが見られる。質量は約110g軽い662g(バッテリーと記録メディアを含む)。外装はエンジニアリングプラスチックで、防塵防滴処理はなし。

α65+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM α65+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM
α65+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM α65+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM
α65+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM α65+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM
α65+Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA α65+DT 18-250mm F3.5-6.3
α65+DT 50mm F1.8 SAM DT 55-200mm F4-5.6 SAM
α65+85mm F2.8 SAM


(本誌:折本幸治)

2011/8/24 16:41