【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ニコン、ISO102400対応のフルサイズ機「D3S」


 ニコンは、ISO102400相当での撮影を実現したデジタル一眼レフカメラ「D3S」を11月27日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は60万円前後。

 プロ向けのデジタル一眼レフカメラ「D3」(2007年11月)の後継機種。高感度耐性をより高めた上で、イメージセンサークリーニング機構や動画機能などを新たに搭載。加えて操作系などをほかの現行モデルに合わせるなど、細かい改修を行なった。

 引き続き35mm判相当のイメージセンサーを搭載する「ニコンFXフォーマット」を踏襲。D3Sの発売によりFXフォーマットのラインナップは、「D3X」(2008年12月発売)、「D3S」、「D700」(2008年7月発売)の3製品となる。

ISO102400相当での撮影が可能

 撮像素子はFXフォーマット(36×23.9mm)のCMOSセンサーで、総画素数1,287万、有効画素数は1,210万。D3と同じスペックだが、ニコンでは新開発のセンサーとしている。引き続き12ビットに加え、14ビットでのAD変換にも対応。

 その主な強化点は高感度。D3でISO200〜6400だった常用感度を、D3SではISO200〜12800に高感度側を引き上げた。拡張感度はD3が最大ISO25600相当、D3SはISO102400相当。ニコンでは報道写真や動物写真の撮影フィールドを拡げるものとしている。

 またD3Sでは撮像範囲の種別に、焦点距離約1.2倍の「1.2x」モードを追加。そのため、撮像範囲は「FXフォーマット」、「1.2×」、「DXフォーマット」、「5:4」の4種類から選べるようになった。サイズLの記録画素数は、FXフォーマットが4,256×2,832ピクセル、1.2×が3,552×2,368ピクセル、DXフォーマットが2,784×1,848ピクセル、5:4が3,552×2,832ピクセル。

Dムービーには「高感度動画撮影モード」が

 ライブビューはD3と同じく、コントラストAFの「三脚モード」と位相差AFの「手持ち撮影モード」を選べる。また、新たに「フリッカー低減」が可能になった。ライブビュー時の表示のちらつきを抑えることが可能で、50Hzと60Hzを選択できる。

 動画記録機能の「Dムービー」は、D300S、D90、D5000などと同様、1,270×720ピクセル/24fps、640×424ピクセル/24fps、320×216ピクセル/24fpsでのMoiton JPEG記録が可能。連続記録時間は、1,280×720ピクセルが5分、そのほかの解像度で20分。

 ただしD3Sならではの「高感度動画撮影モード」に設定すると、感度範囲が通常のISO200〜12800からISO6400〜Hi3(ISO102400相当)になる。

 内蔵マイクはモノラル。外部マイク入力として、ステレオミニジャックも備えている。D300Sに引き続き、動画編集機能も備える。

FXフォーマット初のイメージセンサークリーニング

イメージセンサークリーニングは、ローパスフィルターを4種類の周波数で振動させ、撮像素子表面のゴミを落とす仕組みだ。DXフォーマットではすべての現行機種に搭載が行き渡っており、FXフォーマットでもファインダー倍率が少ないD700で搭載済み。今回、視野率100%のファインダーを搭載したFX フォーマット機として初めて搭載された。

 本体背面にLVボタンを搭載するなど、D700以来の操作系に近づいたのも特徴。撮影情報表示もD700などと同じ表示になり、撮影情報表示の状態でinfoボタンを押すことで、アクティブD-ライティングやカスタム設定切替など、特定の機能をメニューに入ること無く呼び出せる。

 そのほか、ほかのニコン現行モデルに近い改修を行なっている。静音モード、アクティブD-ライティングへの「オート」の追加など。アクティブD-ライティングは最大5コマのブラケットに対応する。また、本体前面右側の10ピンターミナルは、新たにGPSユニット「GP-1」の接続に対応した。

引き続きCFダブルスロットを装備 ステレオマイク端子も搭載
撮像素子ユニット 画像処理基板
シャッター機構部 マルチCAM3500FXオートフォーカスセンサーモジュール
測光センサー ペンタプリズム
外装はマグネシウム合金。防塵防滴のため各部にシーリングを施している
液晶モニター右下にLVボタンを装備 バッテリーと充電器はD3、D3Xと共通
付属のストラップには機種名「D3S」のロゴが入る シューカバー

 そのほかの主な機能はD3を継承。ファインダーは視野率約100%、倍率約0.7倍、アイポイント18mm。AFエリアフレーム付きのB型クリアマットスクリーンVIは、別売のE型方眼マットスクリーンVIと交換できる。AFは51点、うち15点がクロスセンサー。3D-トラッキングにも対応する。

 最高シャッター速度は1/8,000秒。連続撮影速度はDXフォーマット時が約11コマ/秒、DXフォーマット以外で約9コマ/秒で変わりはない。

 液晶モニターは3型92万ドット。本体側面にUDMA対応のCFスロットを2つ搭載する。バッテリーはEN-EL4aが付属。充電器はMH-22でD3から変わりはない。

 本体は防塵防滴仕様。本体サイズは約159.5×87.5×157mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1,240g(本体のみ)。

レンズ装着例。AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8 G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED
AF-S NIKKOR 50mm F1.4 G Ai AF Nikkor 85mm F1.4 D(IF)
AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8 G ED VR II AF-S NIKKOR 400mm F2.8 G ED VR
AF-S NIKKOR 500mm F4 G ED VR AF-S NIKKOR 600mm F4 G ED VR

 

主な仕様(ニコンFXフォーマット機)
  D3S D3X D3 D700
発売時期 2009年11月 2008年12月 2007年11月 2008年7月
店頭価格
(発売時、ボディのみ)
60万円前後 90万円前後 58万円前後 33万円前後
撮像素子 フォーマット FXフォーマット
サイズ 36.0×23.9mm 35.9×24mm 36.0×23.9mm
タイプ CMOS
有効画素数 1,210万画素 2,450万画素 1,210万画素
最大記録画素数
(ピクセル)
FX 4,256×2,832 6,048×4,032 4,256×2,832
DX 2,784×1,848 3,968×2,640 2,784×1,848
ISO感度 常用 ISO200〜12800 ISO100〜1600 ISO200〜6400
拡張 ISO100〜102400 ISO50〜6400 ISO100〜25600
イメーセンサークリーニング ?
ファインダー 視野率 約100% 約95%
倍率 約0.7倍 約0.72倍
アイポイント 18mm
アイピースシャッター 内蔵
測距点 51点(クロス15点)
最大シャッター速度 1/8,000秒
ストロボ同調速度 1/250秒以下
シャッターユニット耐用回数 30万回 15万回
連写速度 FX 約9コマ/秒 約5コマ/秒 約9コマ/秒 約5コマ/秒
(MB-D10併用で8コマ/秒)
DX 約11コマ/秒 約7コマ/秒 約11コマ/秒
起動時間 約0.12秒
レリーズタイムラグ 約0.04秒
液晶モニター 3型約92万画素
ライブビュー機能
Dムービー
内蔵ストロボ
記録メディアスロット CF×2(UDMA対応) CF×1(UDMA対応)
インターフェース USB 2.0、ビデオ出力、HDMI、ステレオマイク USB 2.0、ビデオ出力、HDMI
バッテリー EN-EL4a/EN-EL4 EN-EL4a EN-EL4a/EN-EL4 EN-EL3e
サイズ(幅×奥行き×高さ、mm) 約159.5×87.5×157mm 約147×77×123mm
重量(本体のみ) 約1,240g 約1,220g 約1,240g 約995g


(本誌:折本幸治)

2009/10/14 12:41


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.