余談だが、ライカM10(右)ではカメラ側面の傷予防プロテクターがなくなった。「究極の実用カメラに傷予防とは何事か!」と、30年ぐらい言われ続けていたパーツでもある。丸環が擦れて真鍮の地色が出るのも楽しみだが、リセールを気にする人は当て革のあるストラップを選ぼう。

余談だが、ライカM10(右)ではカメラ側面の傷予防プロテクターがなくなった。「究極の実用カメラに傷予防とは何事か!」と、30年ぐらい言われ続けていたパーツでもある。丸環が擦れて真鍮の地色が出るのも楽しみだが、リセールを気にする人は当て革のあるストラップを選ぼう。