写真で見る

キヤノンPowerShot G7 X

1インチセンサーを搭載した新プレミアムコンパクト

10月3日発売の「PowerShot G7 X」は、キヤノン初の1インチセンサーを搭載する高級コンパクトデジタルカメラ。PowerShot GシリーズとPowerShot Sシリーズの特徴をそれぞれ持ち合わせており、この手のレンズ一体型プレミアムコンパクトが好きな人に好感を持って迎えられそうな製品だ。

全体的なフォルムはPowerShot Sシリーズを思わせるもの。ただしセンサーサイズの大型化に伴い、若干大きくなったようだ。とはいえ、Sシリーズらしいポケッタブルな魅力は何とかキープされているので安心してほしい。記事の最後には、ライバルと目されるソニーRX100 IIIとの大きさ比較も用意してみた。

2段ダイヤルやコントローラーリングの操作感が良く、この辺りはGシリーズの良さを受け継いだといえるだろう。外装のレザートーンにも高級感があり、プレミアムコンパクトとしての魅力は十分だ。

今回の製品は試作機につき、実際の製品とは異なる可能性がある。製品版を使用したレビューは後日お届けしたい。

レンズとコントローラーリング

焦点距離イメージ24-100mm相当(35mm判換算)F1.8-2.8の光学4.2倍ズームレンズを搭載。
望遠端までズームさせた状態
電源OFF時。PowerShot G16、PowerShot S120から受け継がれたコントローラーリングは、各種機能の操作を設定できる
コントローラーリングの設定。露出モードごとに機能を割り当てられる

チルト式液晶モニター

自分撮りがしやすいように、上方向にチルトする液晶モニター。スペックは3型約104万ドット。タッチ操作にも対応する
上方向180度の回転が可能。自分撮りに対応する
鏡像表示のON/OFFもある

2段ダイヤル

PowerShot Gシリーズを思わせる2段ダイヤル。上が撮影モード、下が露出補正
ダイヤルの1段目とシャッターボタンの根元に赤いラインが入っている

Wi-Fi

Wi-Fi機能を内蔵。側面にWi-Fiダイレクトボタンを装備する
NFCにも対応する。アンテナは底面にある
Wi-Fi設定

その他基本装備

バッテリーパックはNB-13L。記録メディアとしてSDXC/SDHC/SDメモリーカードを使用する
充電器はCB-2LHが付属。USB充電には対応していない
AV/USB端子(上)とHDMI端子(下)
本体にポップアップ式のストロボを内蔵する
撮影モードで呼び出せるFUNC.(ファンクション)メニュー
FUNC.メニューのカスタマイズが可能

ストラップ取り付け部

ストラップ取り付け部は小さい。先ヒモタイプのストラップを利用することになりそうだ
シンプルなハンドストラッップが付属する

暗所表示

「暗所表示」をONにすると、メニューが暗い場所で視認性の高い配色になる

ソニーRX100 IIIと大きさ比較

ライバルと目されるソニーサイバーショットDSC-RX100M3との比較。G7 Xの方が若干大きい

(本誌:折本幸治)