写真で見る

OLYMPUS PEN Lite E-PL7

上級機に迫るデザイン・質感の小型軽量ミラーレス

OLYMPUS PEN Lite E-PL7は、EVF非搭載のミラーレスカメラ「OLYMPUS PEN」シリーズの最新モデル。小型軽量のボディと高い質感を両立した製品だ。

全体的なシルエットは、OLYMPUS PEN Lite E-PL6(2013年6月発売)を受け継ぐもの。ただし細部がブラッシュアップされ、上位モデルOLYMPUS PEN E-P5(2013年6月発売)を思わせる箇所もある。

機能面でのハイライトは、液晶モニターが下方向に開くところだろう。他のカメラに見られないこの機構、オリンパスによると、自分撮りがしやすくなるという触れ込みだ。実際の使い勝手は、後日に掲載予定の新製品レビューで大きくとり上げたい(撮影 = 本誌:鈴木誠)

OLYMPUS PEN Lite E-PL7シルバー。装着レンズは、14-42mm EZレンズキットおよびEZダブルズームキットに付属するM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ。
ホワイト
ブラック
自分撮り対応モニターといえば他機種は上方向に開くが、本気は下方向に開く。指がレンズに干渉しにくいなどのメリットがあるという。もちろんタッチパネル式だ。写真は本革ボディージャケットCS-45Bを装着した状態。
トップカバーの刻印は、上位機種E-P5と同じ「OLYMPUS PEN」。E-PL6までのPEN Liteシリーズは「OLYMPUS」のみだった。
シャッターボタン周りのコントロールダイヤルも、これまでのPEN Liteになかった装備。
新アートフィルター「ヴィンテージ」は、フィルムプリントの退色を再現。ビンテージ調の作風が楽しめるという
こちらも新アートフィルターの「パートカラー」。他社に遅れただけあって、調整できる項目がいろいろある。
そのひとつがコントロールダイヤルを使った機能。微妙な色調を抜きだせる。
シーンモードには「流し撮り」が追加された。
OLYMPUS PEN Lite E-PL6(右)と並べてみた。フロントカバーのすべてを張り革が覆うようになったのは大きい。
本革ボディージャケットCS-45Bに、9月下旬発売の本革レンズジャケットLC-60.5GLを組み合わせてみた。沈胴時のM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZにかぶせて、レンズ前面を保護するアクセサリーだ。

(本誌:折本幸治/デジカメWatch編集部)