交換レンズ実写ギャラリー

SIGMA 30mm F2.8 DN

DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約8.6MB / 4,608×3,456 / 1/3,200秒 / F2.8 / +0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm

 本レンズはシグマArtラインのうち、ミラーレス用となる標準画角のレンズだ。Artラインは作品づくりを念頭においた高画質ラインナップである。マイクロフォーサーズ用とソニーNEX用があり、今回はマイクロフォーサーズ用をパナソニック「LUMIX DMC-GH3」と組み合わせて試用した。

LUMIX DMC-GH3との組み合わせ。発売は3月。実勢価格は1万9,800円前後

 30mm F2.8 DNはマイクロフォーサーズカメラに付けると35mm判換算60mm相当となり、標準レンズという位置づけになる。光学系は「SIGMA 30mm F2.8 EX DN」がベースだ。新たに金属を多用した新鏡胴を採用し、ミラーレス機と親和性の高いデザインに仕上がっている。カラーはシルバーとブラックの2色展開で、ともにピントリングの部分は光沢が強い。洗練されたデザインだが、指紋が付きやすいところが難点だ。

 ピントリングは適度なトルクがある。ただし、ピントリングを強く押えると、やや動きが渋くなる。先にレビューした「SIGMA 19mm F2.8 DN」同様、ピントリングは軽いタッチで回す必要がある。

 AF動作はスピーディかつ静粛だ。特に静粛性は特筆に値するだろう。カメラ側の電子音をOFFにしていると、ほぼ無音で撮影できる。コンサートや発表会など、静粛性が求められるシーンで活躍してくれそうだ。

 画質はあえていえば軟調な部類だ。シャープで解像感の高い画像だが、JPEG画像でもギスギスしたところがない。人物やペットを優しくとらえられるだろう。また、今回はカメラ側のiDレンジコントロールをオフにして撮影したが、それでもシャドウの様子がよくわかる。コントラストは穏やかで、後加工しやすい絵づくりだ。

 ボケについては、開放F2.8ゆえに大きなボケは期待しづらい。ただし、ボケ味自体はなめらかで、トーンをともないアウトフォーカス部からもその場の様子が伝わってくる。すみずみまで画質が安定しており、本レンズのアドバンテージといえるだろう。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像をダウンロード後、800×600ピクセル前後の縮小画像を表示します。その後、クリックした箇所をピクセル等倍で表示します。
  • 縦位置で撮影した写真のみ、無劣化での回転処理を施しています。
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約8.4MB / 3,456×4,608 / 1/400秒 / F8 / +0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約7.5MB / 3,456×4,608 / 1/200秒 / F5.6 / 0.0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約6.2MB / 4,608×3,456 / 1/3,200秒 / F2.8 / +1.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約6.3MB / 3,456×4,608 / 1/1,300秒 / F2.8 / +0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約7.0MB / 4,608×3,456 / 1/640秒 / F2.8 / 0.0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約5.7MB / 4,608×3,456 / 1/2,000秒 / F4 / 0.0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約5.8MB / 3,456×4,608 / 1/250秒 / F4 / 0.0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約6.1MB / 3,456×4,608 / 1/400秒 / F2.8 / -0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約6.8MB / 3,456×4,608 / 1/400秒 / F2.8 / -0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約6.2MB / 4,608×3,456 / 1/60秒 / F4 / -1.7EV / ISO250 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約8.6MB / 3,456×4,608 / 1/320秒 / F5.6 / 0.0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm
DMC-GH3 / SIGMA 30mm F2.8 DN / 約5.1MB / 4,608×3,456 / 1/100秒 / F4 / 0.0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 30mm

澤村徹

(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。ライター、写真家。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、こだわり派向けのカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。玄光社「オールドレンズ・ライフ」シリーズをはじめ、オールドレンズ関連書籍を多数執筆。http://metalmickey.jp