【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

デジカメドレスアップ主義:Dマウントレンズ事始め

PENTAX Q + Elgeet 1/2inch F1.9
Reported by 澤村徹

  • ボディ:PENTAX Q
  • レンズ:Keystone Elgeet 1/2inch F1.9
  • マウントアダプター:muk select PENTAX Q用Dマウントアダプタ
  • 貼り革:Aki-Asahi.com Pentax Q用カラー貼り革キット
  • ストラップ:Adequate TLCS-1103
※この記事を読んで行なった行為によって生じた損害はデジカメWatch編集部、澤村徹および、メーカー、購入店もその責を負いません。また、デジカメWatch編集部および澤村徹は、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

 “ナノ一眼”と銘打ったPENTAX Qが登場し、早3カ月がたとうとしている。ガジェット好きを魅了する個性的なモデルだが、オールドレンズファンの間ではDマウントレンズのベースボディとして定着しつつあるようだ。今回はPENTAX Qをドレスアップしつつ、Dマウントレンズとの相性をレポートしてみよう。

 Dマウントとは、8mmフィルムムービーカメラのユニバーサルマウントだ。フランジバックは12.29mmで、PENTAX Qが採用するQマウントの9.2mmよりも長い。そのためマウントアダプターを介して、DマウントレンズをPENTAX Qに装着できるわけだ。また、PENTAX Qのセンサーサイズが6.2×4.6mm(1/2.3型)であるのに対し、8mmフィルム(ダブル8)は4.37×3.28mmだ。PENTAX Qのセンサーがひとまわり大きい程度なので、標準レンズと望遠レンズはケラレなしで撮影できる。広角レンズについても、四隅が多少ケラレる程度だ。PENTAX Qの35mm判換算は焦点距離5.5倍となるが、撮像素子の大きさが比較的近いため、レンズ本来の画角を感じながら撮影できる。

 今回はmuk selectのDマウントアダプターでDマウントレンズを装着してみた。DマウントレンズはCマウントレンズよりもさらにひとまわり小さいので、極小ボディのPENTAX Qに付けてもバランスがよい。ここでは標準レンズを付けているが、大柄な望遠レンズや広角レンズを付けてもさほどフロントヘビーにならずにすむ。ミニチュア感覚全開の魅惑的なセットアップだ。

Dマウントレンズのためのボディ、と言いたくなるほどの抜群のサイズ感だ このレンズはピントリングにクリック感がある。こうしたカルチャーのちがいも楽しみのうちだ
Cマウントレンズと並べると、Dマウントレンズのコンパクトぶりがよくわかる muk selectのDマウントアダプターは4,500円。オーバーインフ気味の設計になっている

 ドレスアップ面はAki-Asahi.comの貼り革キットを用いてみた。PENTAX Qは初期状態で貼り革が貼ってあるため、これを剥がして交換することになる。これはメーカー保証外の行為になるので、自己責任で作業するようにしよう。純正の貼り革を剥がすときは、精密ドライバーの先端などで四隅を持ち上げる。両面テープがボディに残らないようにゆっくりと剥がしていこう。

 ストラップはアダクワッタの製品を合わせてみた。このストラップはPENTAX Q向けに設計されているので、狭い取り付け具に無理なく通せる。ストラップの取り付け部がやや薄造りになっているが、Dマウントレンズ付きのPENTAX Qであれば耐重性の問題はないだろう。手染めレザーを使ったビンテージ感あふれるスタイルなので、Dマウントレンズのクラシカルな雰囲気とよく似合う。

Aki-Asahi.comのPENTAX Q用貼り革キットは1,500円。表面のみの2ピース構成だ リアルレザー製とビニックスレザー製を用意。バリエーションは豊富にそろっている
アダクワッタのPENTAX Q用ストラップは8,800円。1本ずつていねいに手染めしている カラーバリエーションはキャメルとブラウンの2色。ウェブ通販で購入できる

 エルジート1/2inch F1.9は、焦点距離12.5mmの標準レンズだ。アメリカ製の普及価格帯クラスの製品で、オークションサイトなら1万円前後で入手できるだろう。Cマウントのエルジートと同様に、このレンズも開放近辺ではぐるぐるボケが発生しやすい。そうはいっても開放F1.9でそれなりに被写界深度があるため、合焦部とぐるぐるボケがバランスよく同居する描き方だ。ただし、解像感は甘い印象を拭えない。これはDマウントレンズ全般にいえることだが、Cマウントレンズに比べると解像感は控えめだ。Dマウントレンズは8mmフィルム用なので、フィルムサイズに見合った品質になっているのだろう。Dマウントレンズの一般的な傾向として、シャープさは望めないが、レンズブランドのテイストは受け継いでいるものが多い。本レンズもこのセオリーに当てはまり、サイズも描写もミニチュアエルジートだ。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなしの撮影画像(JPEG)を別ウィンドウで表示します。
PENTAX Q / Elgeet 1/2inch F1.9 / 4,000×3,000 / 1/200秒 / F1.9 / -0.7EV / ISO125 / WB:オート / 12.5mm PENTAX Q / Elgeet 1/2inch F1.9 / 4,000×3,000 / 1/400秒 / F1.9 / 0EV / ISO125 / WB:オート / 12.5mm
PENTAX Q / Elgeet 1/2inch F1.9 / 4,000×3,000 / 1/250秒 / F5.6 / 0EV / ISO125 / WB:オート / 12.5mm PENTAX Q / Elgeet 1/2inch F1.9 / 4,000×3,000 / 1/320秒 / F5.6 / 0EV / ISO125 / WB:オート / 12.5mm
PENTAX Q / Elgeet 1/2inch F1.9 / 4,000×3,000 / 1/125秒 / F4 / -0.7EV / ISO125 / WB:オート / 12.5mm PENTAX Q / Elgeet 1/2inch F1.9 / 4,000×3,000 / 1/500秒 / F1.9 / 0EV / ISO125 / WB:オート / 12.5mm

 PENTAX Qのオールドレンズ撮影について、その使用感をまとめておこう。まず拡大表示だが、OKボタンをワンプッシュするだけで2倍もしくは4倍に切り替わる。シャッター半押しで通常表示に復帰し、操作性は良好だ。ただし、最大4倍どまりなので、レンズによっては細部の確認が難しいこともある。マイクロフォーサーズやNEXの10倍前後の拡大表示に慣れていると、倍率面で物足りなさを感じることがあるだろう。

 PENTAX Qはレンズシャッターを採用しているため、レンズシャッター非搭載レンズ装着時は電子シャッター(1/8,000秒〜2秒)で撮影することになる。電子シャッターは動きの速い被写体を撮影すると、ローリングシャッター現象によって像が歪むことがあるので要注意だ。また、比較的速いシャッタースピードでも、手ブレのリスクがある。普段よりもいくぶん丁寧な撮影を心がけよう。

 このようにPENTAX Qはいくぶんナーバスな側面があるものの、カメラとしての操作性はよく考え抜かれている。背面ボタンとダイヤル類は適度が重みがあり、小さいボディながらも誤操作がきわめて少ない。また、露出補正やISO感度変更など、使用頻度の高い機能がすみやかに呼び出せる。見た目はミニチュアだが、機能面ではれっきとした本格カメラだ。



(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。カメラならびにデジタル関係を得意するフリーライター。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、ひと癖あるカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。近著は「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1カスタムブック」「GR DIGITALカスタムブック」(ともに翔泳社)他。http://metalmickey.jp

2011/12/1 00:29